1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:32:55.04 ID:jhRYsz2l0

岡部「さて、言うまでもなく俺はラボのリーダーであるわけだが」 

岡部「最近、リーダーとしての威厳が足りてないやもしれぬ」 

ダル「前からじゃね」 

岡部「ダルよ」 

ダル「なんぞ?」 

岡部「いいリーダーの条件とは何だ?」 

ダル「ggrks」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:35:27.06 ID:NoDYzYGV0

岡部「というわけで、グーグル先生にご登場いただいた」カタカタ 

岡部「ふむ……部下の意見を聞き、時に労うことも大切、か」 

ダル「まぁテンプレよな」 

岡部「ふん、普段の行いを省みれば、これぐらいは既に達成しているだろう!」 

ダル「オカリンそれサバンナでも同じ事言えんの?」 

岡部「ぐぬぬ……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:37:56.16 ID:NoDYzYGV0

ダル「まぁ、僕とかまゆ氏への態度は今更すぐるけど、牧瀬氏にはもう少しなんとかしてあげたほうがいいと思われ」 

岡部「助手にか?」 

ダル「あんだけ構ってオーラ出してんのに、オカリンこき使うだけ使って放置プレイですしおすし。 マジおにちく」 

岡部「くっ……。そ、そもそもリーダーたる俺が助手に気を使うこと自体……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:40:19.69 ID:NoDYzYGV0

ダル「素直になっちまえよオカリン……惚れてる女にゃ、素直が一番だぜぇ……?」 

岡部「!」 

ダル「よく聞け雑種。偶には当たって砕けて……死に物狂いで謳え雑念―!」 

岡部「ダ、ダルビッシュ……!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:42:40.62 ID:NoDYzYGV0

岡部「……などとわけのわからんテンションで相手をしてしまったが、結局具体策は見つからず」 

岡部「あいつは結局言いたいことを言った後」 


ダル『あ、これから僕デートなんで。フヒヒヒヒヒwwフフヒヒフヒフォカヌポゥwww』 


岡部「などと言い残し帰ってしまった。爆ぜろ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:45:30.74 ID:NoDYzYGV0

岡部「さて、助手への労いか。今更なんだと思う気もするが……」 

岡部「……あいつに支えられ、想いをいくつも犠牲にしてきた結果、この世界線にたどり着けたのは事実」 

岡部「それを思えば、多少の感謝の意を表すのもやぶさかではないが……」 

岡部「け、決してダルの好意を持っている云々に反応したわけではない!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:47:57.65 ID:NoDYzYGV0

岡部「そうだ、はやく助手が帰ってくる前に準備しなければ……」 



ガチャッ 


紅莉栖「ハロー……」 

岡部「ですよね」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:50:41.28 ID:NoDYzYGV0

岡部「む、どうしたクリスティーナ。元気が無いではないか。もしやあの日か?」 

紅莉栖「視神経から後頭葉抉り出して味噌煮込みにするわよ」 



18091709501.png


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:54:24.51 ID:NoDYzYGV0

岡部「ふむ、それだけ軽口が叩ければ大丈夫だろう。で、何かあったのか?」 

紅莉栖「別に……ただ、少し研究で悩んでて」 

岡部「例のやつか。確か、アメリカのラボからの依頼だったか」 

紅莉栖「そ。記憶を薬でコントロールする研究」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 17:57:15.42 ID:NoDYzYGV0

岡部「記憶を消すだのトラウマを上書きするだの、ネットでも一時話題になっていたな」 

紅莉栖「まぁ現実味の無い話だしね」 

岡部「人類の脳も神経学が進歩したとはいえ、未だブラックボックスが多いと聞くからな。実用化はまだ当分未来の話だろう」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:00:05.46 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……」 

岡部「……ん?」 



紅莉栖「……完成しちゃったのよ。ものの弾みで」 

岡部「」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:03:21.71 ID:NoDYzYGV0

岡部「え、いや……え?」 

紅莉栖「もらった臨床結果と考察をさらって、薬学の教授に聞きながら構造式を直していったら……つい」 

岡部「つい、ではない! そんな簡単にできたら誰も苦労なぞしとらんだろう!」 

紅莉栖「わ、私だってこんなあっさり片付くと思わなかったのよ!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:05:43.94 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「そもそも、最初から実現不可能の報告をしようと思ってたのに!」 

岡部「む、そうなのか? それなりの成功報酬が約束されてたんじゃ……」 

紅莉栖「それは、そうだけど……幾らもらったって、こんな規模の馬鹿でかいもの、私の許容範囲外よ」 

岡部「うむ……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:09:05.58 ID:NoDYzYGV0

岡部「(確かに、俺とて電話レンジ(仮)を忘れたわけではない)」 

岡部「(好奇心と探求欲で身を滅ぼす恐ろしさ、この先も忘れることはできないだろう……)」 

岡部「(しかし、まさかそんな驚天動地な代物を完成させるとは……天才少女は伊達ではないか)」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:12:04.14 ID:NoDYzYGV0

岡部「……む、ならば最初からはねつけてしまえばよかったのではないか?」 

紅莉栖「そっ! それは、どうせ私が断ったら誰かにお鉢が回るでしょうし、私が買って出るしかなかったのよ!」 

岡部「本当にそれだけか?」 

紅莉栖「うっ……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:14:17.92 ID:NoDYzYGV0

岡部「……」 

紅莉栖「……」 

岡部「……」 

紅莉栖「……研究したかったからです」 

岡部「うむ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:16:32.49 ID:NoDYzYGV0

岡部「さすが天才HENTAI少女……その研究にかける情熱はむぁさしくマッドサイエンティスト!」 

紅莉栖「HENTAI言うな! マッドサイエンティストじゃない! ああもう突っ込みきれん!」 

岡部「だがあえて許そう! このラボメンのリーダーたる鳳凰院凶真、その程度のことは受け止めてやる! フゥーハハハ!」 

紅莉栖「……ついていけんわ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:19:49.28 ID:NoDYzYGV0

岡部「それで、なにが行き詰っているというのだ? もう完成したのだろう」 

紅莉栖「そうなんだけど……やっぱり研究者の最終目標は、臨床実験なわけよ」 

岡部「んな……またお前は無茶を」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:21:58.07 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「分かってるわよ。何も他人を使おうと思ってなんかない」 

岡部「……貴様、まさか」 

紅莉栖「そう。自分で試して自分で結果を残せば、誰にも迷惑をかけずにすむでしょ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:25:17.03 ID:NoDYzYGV0

岡部「そ、そんなことは許さん!」ガシッ 

紅莉栖「ふぇっ?!」 

岡部「お前の力を信用していないわけではないが……人に作用するものである以上、万が一ということもある」 

岡部「勝手にそのような危険な行為に及ぶなど、この俺が認めん!」 

紅莉栖「な、なによそれ!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:28:30.10 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「(お、岡部の顔、近いっ……////)」 

紅莉栖「(ていうか、岡部、そんなに私のこと心配してくれてるんだ……)」 

紅莉栖「(岡部……私のことちゃんと考えてくれてたんだ……)」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:31:06.77 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「(……えへ、えへへへ//// 岡部ぇ……////)」デレデレ 

岡部「……む、助手、急に顔がにやけてきたぞ。……はっ、もしや既に薬を使ったのか?!」 

紅莉栖「使っとらんわ」キリッ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:33:27.20 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「ま、まぁあんたがそこまで言うんなら、別に諦めないでもないけど……」 

岡部「うむ」 

岡部「(……しかしそこまでの研究成果、結果を見ずに埋もれさすのも酷な話か)」 

岡部「……んん?!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:35:58.86 ID:NoDYzYGV0

岡部「フフフ……フゥーハハハハハ!!」 

紅莉栖「な、なによ急に!」 

岡部「クリスティーナよ! 俺は今、IQ170の灰色の脳細胞を駆使し、素晴らしい名案を思いついた!」 

紅莉栖「名案?」 

岡部「ずばり、俺に使え!」 

紅莉栖「?!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:39:04.01 ID:NoDYzYGV0

岡部「さっきから考えていたのだ。ラボのリーダーとして、ラボメンを労うにはどうすればよいか……」 

岡部「それすなわち無礼講!全てノーカン! 普段この俺になにを思っているか、今日は包み隠さず暴露するがいい!」 

紅莉栖「脳姦?」 

岡部「シャラップ! もし俺に対し不満でもあるのならば、この機会に溜め込んだものを全て発散するのだ!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:43:16.20 ID:NoDYzYGV0

岡部「もしくは黙っていられない秘密でもあれば、それを好きなだけ暴露しても構わん!」 

岡部「そして、その後俺はその薬を飲み、今日その時間帯の記憶を消す……」 

岡部「どんなに言い難いことだろうが、これさえあれば安心して口に出せるというものどぅあ!」 

岡部「どうだ! この一分の隙も無い、巧妙かつ綿密な作戦は!!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:46:01.73 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……産業で」 

岡部「俺が 
    飲むで 
    FA」 

紅莉栖「把握」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:48:18.57 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「って、そんなの任せられるわけないじゃない!」 

岡部「ふぅん、自信のありそうな口ぶりだったくせに、いざとなるとビビるかこのクリスピーチキンめが!」 

紅莉栖「妙なあだ名を追加するな! べ、別に自信が無いわけじゃないけど……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:50:26.68 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「そ、その、やっぱり万が一っていうか、なんというか……」 

紅莉栖「べ、別にあんたのことを心配してるわけじゃないからな!」 

岡部「……そうか、違うのか。……少し残念だ」 

紅莉栖「ふぇっ?!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:52:48.09 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「そ、それは……心配、してないわけじゃ、ないというか、その……」 

岡部「ではなんなのだ」 

紅莉栖「えっ、その……」 

紅莉栖「……」 

紅莉栖「……」グスッ 

岡部「ええい、泣くな。俺が悪かった」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 18:57:26.81 ID:NoDYzYGV0

岡部「とにかく、俺もその薬の効果には興味がある。お前はその効果を客観的に記録するのだ!」 

紅莉栖「……まぁ、そこまで言うのなら……もし気が変わったらすぐに言いなさいよ?」 

岡部「善処しよう! ところで、その薬はどのように使えばいいのだ?」 

紅莉栖「えーと、別に薬を飲んですぐに記憶が消える、なんて魔法みたいなものじゃないのよ」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:01:13.93 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「要は精神医学の分野を取り入れていくんだけど……機序は回想法を応用してるの」 

紅莉栖「この薬を飲んで、その日一日の出来事を思い出していく形で口に出し、記憶を鮮明化する」 

紅莉栖「そうすると短期記憶から長期記憶に保存するプロセスが麻痺して、その該当するエピソードが保存されないってこと」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:04:00.25 ID:NoDYzYGV0

岡部「……ざっくり頼む」 

紅莉栖「セーブしますか? 
        はい 
      ノァいいえ    」 

岡部「把握した」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:06:38.08 ID:NoDYzYGV0

岡部「ふむ、つまりその日の最後にそれを飲めばいいということか」 

紅莉栖「そういうこと」 

岡部「なるほど……では、まずその一日を過ごすことから始めねばならんな」 

紅莉栖「まあね」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:09:18.96 ID:NoDYzYGV0

岡部「ならば助手よ! 今から今日一日、全て無礼講である! 好きなだけ俺に対し鬱憤を晴らすがいい!」 

紅莉栖「また唐突な……本当になんでもいいの?」 

岡部「無論だ、今日限りの出血大サービス、なにを言われようと寛大な心で許し、忘れてやる!」 

紅莉栖「じゃあ、お手」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:12:12.42 ID:NoDYzYGV0

岡部「……んん?」 

紅莉栖「だから、お手」 

岡部「……い、いや、クリスティーナよ。確かに何でも言えとは言ったが、別に俺が何でも言うことを聞くというわけでは……」 

紅莉栖「できないの?」 

岡部「ぐっ……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:15:11.72 ID:NoDYzYGV0

岡部「(ま、まぁいい。今日ぐらいはのってやるか……後で忘れてしまえば済むことだ)」 

岡部「ほら、これでいいか?」ポンッ 

紅莉栖「あっ……」 

岡部「?」 

紅莉栖「……」 

岡部「……」 

紅莉栖「……////」ポッ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:21:37.66 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「(えっ、えっ、何、ただの冗談のつもりだったのに、なにこの気持ち)」 

紅莉栖「(ほっこりするというか、キュンとくるというか、満たされるというか……)」 

紅莉栖「(とにかく……)」 

紅莉栖「(これ、いいかも……////)」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:27:50.07 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「じゃ、じゃあ、おかわり」 

岡部「ん」ポン 

紅莉栖「ふせ!」 

岡部「難しいな……」ペタリ 

紅莉栖「ち、ちn」 

岡部「テンプレ通り進めるなHENTAI!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:32:26.30 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「んふー……」 

岡部「なんだか当初の趣旨からだいぶ変わってきているのだが……」 

紅莉栖「いいじゃないの。私は楽しんでるんだから」 

岡部「そうか……」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:36:51.89 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「それじゃあ次は……」 

岡部「(まぁ好きにしてくれ)」 

紅莉栖「その……えっと……」 

岡部「?」 

紅莉栖「あ、頭でも撫でればいいと、言ってみる……テスト……」 

岡部「」 

紅莉栖「べ、別にどうしても嫌だったら無理しなくてもいいからな!」チラッ


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:41:50.84 ID:NoDYzYGV0

岡部「フゥーハハハ!あれだけ研究一筋だろうと、所詮女子として心はスイーツ脳()というわけか!!」 



岡部「(といいたいところだが……あれだけ啖呵を切った手前おちょくれんな……)」 

岡部「(所詮今日限りの記憶……助手もわざわざ自分の黒歴史を蒸し返さんだろう)」 

岡部「(しかしこんなバカップルの所業を、まさか素面でやろうとは……おまけに古いな)」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:46:09.40 ID:NoDYzYGV0

岡部「ふ、フハハ、これでいいのか?」ナデナデ 

紅莉栖「ふぁっ?! あっ……」 

岡部「ど、どうだ?」ナデナデ 

紅莉栖「ん、その……いいと、思う……」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 19:50:35.10 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「(岡部の手って、こんなに大きかったのか……)」 

紅莉栖「(いっつも髪が乱れるって払いのけてたけど……)」 

紅莉栖「(なんというか……)」 

紅莉栖「(幸せかも……)」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:01:42.36 ID:NoDYzYGV0

岡部「も、もういいのではないか?」ナデナデ 

紅莉栖「……も、もうちょっと」デレデレ 

岡部「ぐぬぬ……」ナデナデ 

紅莉栖「えへへ……」デレデレ 

岡部「ぐぬぬ……」ナデナデ


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:04:24.34 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「も、もういいかしらね」 

岡部「そ、そうか」 

紅莉栖「つ、次は……そうね」 

岡部「ん?」 

紅莉栖「せ、折角だし……思い切り抱きしめればいいんじゃないかしら」 

岡部「ぬわぁ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:06:54.41 ID:NoDYzYGV0

岡部「お前……普段もそんなことを考えていたのか?」 

紅莉栖「ち、ちがっ……そ、そうよ。悪い?!」 

紅莉栖「この際だから言っとくけど、あんたが朴念仁だからこっちは常日頃欲求不満なんだからな?!」 

岡部「なっ?!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:10:19.53 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「も、もっとくっついたり、抱き合ったり、いちゃいちゃしたり……ヴァージンスイーツ(笑)で悪かったわね!」 

岡部「なにもいってないではないか!」 

紅莉栖「うっさい! 今日ぐらい好きにさせろ!」 ぎゅっ 

岡部「ぬおぉ?!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:13:00.62 ID:NoDYzYGV0

岡部「(こ、これが助手の身体……! 改めて抱きしめると、柔らかいというか……いい匂いというか……)」 

紅莉栖「(岡部の腕が、腰に……っ、ううう、おかべぇ)」スリスリ 

岡部「じょ、助手よ……これで満足か?」 

紅莉栖「……助手禁止」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:15:59.37 ID:NoDYzYGV0

岡部「……クリスt」 

紅莉栖「ティーナも禁止。セレセブ禁止」 

岡部「……紅莉栖」 

紅莉栖「ぅあっ……ん」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:18:28.48 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「んん……も、もっと」 

岡部「こ、こうか?」ナデナデ 

紅莉栖「んんっ、それ、いいかも……」デレデレ


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:21:18.87 ID:NoDYzYGV0

岡部「ふ、ふははは、今日のjy……紅莉栖はいつになくデレているなぁ……」 

紅莉栖「ん……別に、デレデレでも、いい……」スリスリ 

岡部「そ、そうかー……」 

紅莉栖「今日一日は、好きなこと言えるんだから……」スンスン


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:23:41.99 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「(岡部の体が、目の前に……)」 

紅莉栖「(はあぅぅ……岡部だぁ……)」クンカクンカ 

紅莉栖「(岡部、岡部が近くに……)」 

紅莉栖「(うう……好きなだけ、したいことができる……)」 

紅莉栖「(岡部……んっ、おかべぇ……)」スリスリ


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:26:06.38 ID:NoDYzYGV0

岡部「(……い、いかん! 自分で始めたこととは言え、これ以上はもたん!)」 

岡部「(そもそも当初は、俺に対する不満をぶちまけることでストレスを解消させようと思っていたのに、どうしてこうなった!)」 

岡部「(くっ、このまま精神陵辱が続けば、俺の狂気的超自我(エゴ・ルナシィ)が耐えられん!)」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:29:23.82 ID:NoDYzYGV0

岡部「く、紅莉栖よ」 

紅莉栖「ぇう?」トロン 

岡部「(ぬおお!! 静まれマイハート!)」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:32:39.30 ID:NoDYzYGV0

岡部「ほ、ほら、涎をふかんか」 

紅莉栖「ぷぁ……ん」 

岡部「そ、そろそろ次に移ろうではないかぁ。いい加減、この体勢も辛く……」 

紅莉栖「ん……あと、ちょっと……」 

岡部「ぬうぅ……」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:34:50.76 ID:NoDYzYGV0

岡部「も、もういいか?」 

紅莉栖「うん……」 

岡部「そ、そうか。そ、それで、次はどうするんだ?」 

紅莉栖「その……何でも、いいんでしょ?」 

岡部「ま、まぁ、一応そうだが」 

紅莉栖「だったら……」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:37:46.10 ID:NoDYzYGV0

岡部「(確かに俺は、好きなことを言えとは言った……ああ言ったとも)」 

岡部「(だがしかし、何故俺は……)」 

紅莉栖「うう……岡部……」スリスリ 

岡部「(どうして紅莉栖のホテルのベッドで寝ているのだ?!)」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:40:06.38 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「ねぇ……岡部……」 

岡部「な、なんだ?」 

紅莉栖「私……」 



紅莉栖「……岡部が、好き」 

岡部「!」 

紅莉栖「岡部から消える記憶の中だから、正直に言うけど……」 

紅莉栖「私は、あなたが好き」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:45:09.33 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「そりゃあ、いつも傲慢で、上から目線で、腹が立つことも多いけど……」 

紅莉栖「あの時、パパから助けてくれて……」 

紅莉栖「……ううん、それよりも、私の中に微かに残ってる、岡部との記憶」 

紅莉栖「あまりに現実離れしてて、厨二病とか笑われそうだけど……」 

紅莉栖「それでも、私には岡部と過ごした日々の思い出があるの」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:47:48.16 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……だから、あの日再会した時から」 

紅莉栖「……ううん、再会する前から、きっと、私は岡部の事が好きだった」 

岡部「紅莉、栖……」 

岡部「(まさか……思い出した、のか……?)」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:51:18.37 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「無かったことになるから、言ってしまうけど」 

紅莉栖「……私、岡部に……その、抱かれたい、というか……」 

岡部「ぬ?!」 

紅莉栖「で、でも、あんたが覚えてないのに、こっちだけ覚えてる初体験なんて、寂しすぎるし!」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:57:00.59 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「だ、だから、練習って事、で……その、直前まで、やってみたいっていうか……」 

岡部「……紅莉栖」 

紅莉栖「めんどくさい女ってのは承知の上よ! た、ただ……」 

紅莉栖「こうでもしないと、私は、いつまでたってもあんたと先に進めないと思って……」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:03:36.11 ID:NoDYzYGV0

岡部「……俺でいいのか?」 

紅莉栖「あ、当たり前でしょ……あんたじゃないと……岡部だから、言ってるのよ……」 

岡部「……最初に確認しておく。絶対に本番はしない……いいな?」 

紅莉栖「分かってるわよ……」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:06:48.57 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……ごめんね……面倒なこと、約束させちゃって」 

岡部「気にするな。お前が面倒なやつだということくらい、既に承知の上だ」 

紅莉栖「……もう」 

岡部「紅莉栖……」 ぎゅっ 

紅莉栖「んっ……」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:09:08.03 ID:NoDYzYGV0



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:11:30.26 ID:NoDYzYGV0

岡部「(あの後、ベッドの上で散々お互い盛りあった)」 

岡部「(紅莉栖も、初めてだというのに手や口で何度も俺のを宥めてくれた)」 

岡部「(恥部に擦り付けるときなど、誤って挿入してしまわないよう苦労した……)」 



岡部「(だが童貞だ)」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:13:48.84 ID:NoDYzYGV0

岡部「(紅莉栖も、目じりを滲ませながら何度も体を弾ませていた)」 

岡部「(最後あたりは、半分泣きながら失禁までしてしまう始末だった)」 

岡部「(キスしながら胸をまさぐった時の切なそうな表情は、とても可愛かった……)」 



岡部「(だが、処女だ)」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:16:28.93 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「はっ、あ……」 

岡部「大丈夫か?」 

紅莉栖「ん……」 

岡部「ふぅ……」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:18:57.22 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「あのさ……ありがと」 

岡部「ん?」 

紅莉栖「その……約束、守ってくれて」 

岡部「……当たり前だ。あれぐらいで揺れる様なら、ここまで童貞はこじらせていない」 

紅莉栖「ふふっ……なによそれ」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:21:08.14 ID:NoDYzYGV0

岡部「……もう夜だな」 

紅莉栖「そうね……」 

岡部「……本当にあの薬を飲めば、忘れてしまうのか?」 

紅莉栖「理論上はね」 

岡部「そうか……」


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:26:04.76 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……さっ、これで私の我儘もおしまい! さっさと準備しましょ?」 

岡部「うむ……」 

紅莉栖「ほら、早く服を着なさい。全部忘れていきなり裸だったらびっくりするでしょ」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:28:22.15 ID:NoDYzYGV0

岡部「……紅莉栖」 

紅莉栖「なに?」 

岡部「……お前、何を言いたそうにしている?」 

紅莉栖「ふぇっ?!」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:31:51.32 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「な、なんでもないわよ!」 

岡部「俺は言いたいことはなんでも言えと言った筈だ。この期に及んでまだ溜め込むなど許さん」 

紅莉栖「あ、あんたには関係ない!」 

岡部「ここまでしておいて何を言うか」 ぎゅっ 

紅莉栖「わぁっ!?」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:34:57.84 ID:NoDYzYGV0

岡部「……大体見当はついている。話せ」 

紅莉栖「……」 

紅莉栖「……っ」ジワッ 

紅莉栖「ぅっ……ぁっ」 



紅莉栖「……忘れられたく、ないぃ……っ!」グスッ


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:43:58.08 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「岡部と過ごした、一日……言いたいこと、全部、言えて……」 

紅莉栖「岡部と好きなことできて……我儘も聞いてもらって……」 

紅莉栖「全部、全部……岡部は忘れちゃうのに……」 

紅莉栖「ひっ……そんなの、そんなの……っ!」 

岡部「……」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:48:59.64 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「岡部と過ごした、一日……言いたいこと、全部、言えて……」 

紅莉栖「岡部と好きなことできて……我儘も聞いてもらって……」 

紅莉栖「全部、全部……岡部は忘れちゃうのに……」 

紅莉栖「ひっ……そんなの、そんなの……っ!」 

岡部「……」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:52:16.27 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……岡部は、すごいね」 

紅莉栖「周りの皆が忘れて、その思い出を覚えてるのは自分だけなのに……」 

紅莉栖「何度も何度も、世界線を移動して……」 

紅莉栖「誰も覚えてないのに、必死に頑張ってきて……」 

紅莉栖「なのに……なのに、私は……っ」 

岡部「紅莉栖……」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:55:54.14 ID:NoDYzYGV0

岡部「……紅莉栖、薬を渡せ」 

紅莉栖「っ……うん」スッ 

岡部「これを飲んで、一日の出来事を話せばいいのだな」 

紅莉栖「うん……」 

岡部「……そうか」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:00:39.27 ID:NoDYzYGV0

岡部「うおおおぉおおぉっ?!」 

紅莉栖「?!」 

岡部「と、突如我が右腕が謎の暴走をおぉ?!」 

岡部「お、落ち着け邪気眼!我が理性はここに……あぁあ右手が勝手にいぃ!!」ぽいっ 

紅莉栖「なっ!?」 

岡部「フフフ……フゥーハハハ! 残念だったな助手ぅー、貴様の成果は、我が右腕によって駆逐されたぁ!」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:07:29.03 ID:NoDYzYGV0

岡部「ふふん、恨むならば好きなだけ俺を恨むがいい! その執念が、貴様の精神をより高みに……」 

紅莉栖「……して」 

岡部「むん?」 

紅莉栖「どうして……飲まなかったの……?」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:10:39.19 ID:NoDYzYGV0

岡部「……どうしてもなにもあるまい」 

岡部「俺とて、今日の出来事をなかったことにしたくなかっただけだ……」 

紅莉栖「なん、で……」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:14:49.79 ID:NoDYzYGV0

岡部「……俺に劣らず鈍感め。別に、からかいたかったからではない」 

岡部「俺だって、お前と同じ気持ちだからだ」 

紅莉栖「それって……」 

岡部「好きだ、紅莉栖」 

紅莉栖「!!」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:22:13.89 ID:NoDYzYGV0

岡部「お前と本音で触れ合った今日を……覚えておきたかっただけだ」 

岡部「なにより……今日を忘れてしまっては、いつお前に本音を言えるか分からんからな」 

紅莉栖「……岡部」グスッ


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:26:48.36 ID:NoDYzYGV0

岡部「まったく……何故に泣く」 ぎゅっ 

紅莉栖「うえぇ……おかべぇ……」 



岡部「……愛してるぞ、紅莉栖」 

紅莉栖「うん……っ、私も、愛してる……」


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:30:39.16 ID:NoDYzYGV0

―――後日、ラボ 


岡部「フゥーハハハ!! 助手よぉー、相変わらず@ちゃんねるかぁ! (´・ω・`)おじさんスレでも立てているのかぁ!?」 

紅莉栖「立てとらんわこのHENTAI!」 

ダル「だめだこいつら、はやくなんとかしないと……」 

まゆり「えっへへー、二人が仲良しさんでまゆしぃ大勝利なのです」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:37:30.67 ID:NoDYzYGV0

まゆり「それじゃ、まゆしぃはそろそろ出発するね」 

ダル「んお、ルカ氏とデートだっけ? 百合展開ktkr!」 

岡部「何度もいうがルカ子は……男だ」 

ダル「男の娘百合とか……新時代すぎるだろjk」 

岡部「違うな、まゆりは……女だ」 

紅莉栖「いい加減にしろこのHENTAI共が!」


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:40:21.28 ID:NoDYzYGV0

ダル「それじゃ僕も、そろそろメイクイーンのイベントがあるんで」 

岡部「またか。よくそこまで通い続けられるな」 

ダル「ふっ……オカリン、愛は金じゃ買えないんだぜ?」 

岡部「今の状況と真逆の台詞を言うな」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:45:14.62 ID:NoDYzYGV0

まゆり「それじゃオカリン、クリスちゃんまた明日ねー」 

紅莉栖「ええ。じゃあね」 

ダル「オカリン……ティッシュは1日1箱までな」 

岡部「DE★TE★KE」


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:49:56.13 ID:NoDYzYGV0

バタンッ 



紅莉栖「……」 

岡部「……」 

紅莉栖「……」ススッ 

岡部「……」ゴソゴソ 

紅莉栖「……」ポスン 

岡部「……」ギュ


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:53:35.49 ID:NoDYzYGV0

紅莉栖「……岡部」 

岡部「なんだ?」 





紅莉栖「好きよ」 

岡部「俺もだ」


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:04:22.31 ID:NoDYzYGV0

18091709502



265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:07:51.90 ID:NoDYzYGV0

長々とお付き合い、ありがとうございました。 
レス、支援感謝しております。 
また機会がありましたら、何卒よろしくお願いいたします。

元スレ:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335774775/