コードギアス

    1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 00:21:25.38 ID:vqFUST3lo

    駄文失礼します。ギアスとガルパンのクロスです。


    2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 00:22:05.49 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ「戦車道?」 

    ミレイ「そ、乙女の嗜み」 

    ルルーシュ「その乙女の嗜みが何なんです?」 

    ミレイ「だーかーら、試合するのにメンツが足りないから生徒会に助っ人に来てほしいんですって」 

    ルルーシュ「いいですか会長、戦車道を必修科目に選択できるのは女子生徒だけです。つまり、俺が助っ人として 
    試合とやらに参加するのは不可能ということになります」 

    ミレイ「男女逆転祭りの時みたいに女装すればいいじゃない」 

    リヴァル「おぉ、いいですね会長、ルル子再び」 

    ルルーシュ「冗談じゃない!!二度とあんな格好するか」 

    ミレイ「ねーお願いルルーシュ。戦車道とってる子達は生徒数が少なくて試合もできないのに3年間頑張ってきたの! 
    最後に1回くらい試合させてあげたいじゃない」 

    ルルーシュ「感情論で説得しようとしても無駄です。そもそも男は戦車道の試合に出れないという本質的な問題がある以上 
    俺が助っ人として出場するのは無理です。仮に女装したとしても、いざバレた場合アッシュフォード学園の 
    信用は地に落ちますよ。理事長の娘としてそんな危ない橋を渡るわけにはいかないでしょう?」 

    ミレイ「そりゃ公式戦でそんなことしたら大問題だけど、練習試合くらいなら大目にみてくれるわよ」 

    ルルーシュ「は?練習試合?」 

    ミレイ「そ、3年間ずっと練習だけしてきた彼女達の集大成を最初で最後の練習試合にぶつけたいんですって」


    3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/14(木) 00:23:24.13 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ「3年も練習してたのに、その集大成を披露する場が練習試合ですか」 

    ミレイ「私達が手助けしなかったらその練習試合すらできないのよ。彼女達の想いを汲んであげなさいよ」 

    ルルーシュ「はぁ、仕方ないですね」 

    ミレイ「流石ルルーシュ!そう言ってくれると思ってたわ!」 

    スザク「頑張ってねルルーシュ、応援にいくから」 

    ルルーシュ「何言ってるんだスザク?お前も出るんだぞ。勿論、女装してな」 

    スザク「え?」 

    ルルーシュ「ですよね会長?」 

    ミレイ「当然!生徒会メンバーは全員参加よ!」 

    スザク「ま、また女装ですか・・・」 

    リヴァル「いいじゃん女装、面白くて」 

    シャーリー「リヴァルの女装はあんまり見たくないけどね」 

    カレン「あ、あの・・・それって私も出ないと駄目なのかしら?」 

    ミレイ「勿論!」 

    カレン「(もー勘弁してよ・・・今はそれどころじゃないってのに)」


    4: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:24:38.85 ID:vqFUST3lo

    ---------ルルーシュの部屋 


    C.C「戦車道?」 

    ルルーシュ「あぁ、助っ人で参加することになった」 

    C.C「あれは女がやるものだろ?どうしてお前が?」 

    ルルーシュ「俺が聞きたいくらいだ。全く、これからコーネリアを仕留めようという忙しい時に」 

    C.C「いいじゃないか、ブリタニアを相手にする前の予行練習だと思えば」 

    ルルーシュ「予行練習?」 

    C.C「戦車道は戦術と戦略がものをいう競技だと聞く、十分予行練習になるだろ」 

    ルルーシュ「相手はただの高校生だぞ?ただ目の前の敵を撃つのが関の山だろう、女なら尚更な 
    これから世界の三分の一を占める超大国と戦おうという俺にとっては練習どころか準備運動にすらならん」 

    C.C「まぁそうかもしれんが」 

    ルルーシュ「そもそもあんな旧時代の兵器今の戦場ではめったにお目にかかれないしな。機動性も攻撃性も低い 
    ナイトメアの前では戦車など良い的になるだけだ。スピード感のない実に退屈な戦いになるだろう」 

    C.C「あまり油断しすぎないことだな。この間全国大会の決勝とやらをテレビで見たが、お前が言うほど単純なものではなかったからな」 

    ルルーシュ「フン、相手の指揮官がシュナイゼルでもない限り、俺が苦戦することなど考えられんな」 

    C.C「大した自信だな。楽しみにしてるぞ、ルルーシュ」


    5: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:26:07.95 ID:vqFUST3lo

    --------翌日 


    隊長「この度はお忙しい中、我がアッシュフォード学園戦車道チームの為に人肌脱いでいただき 
    本当にありがとうございます!」 

    ミレイ「そんなかしこまらなくてもいいわよ、同じ学園の生徒なんだから」 

    隊長「なんて心が広い、流石会長さん!」 

    副隊長「やりましたね隊長、これで念願の試合ができます!」 

    隊長「あぁ、練習の成果を存分に発揮する時が遂に来たぞ!」 

    ルルーシュ「で、俺達が乗る戦車ってのはどれなんです?」 

    隊長「うわ、副会長!どうして副会長がここに!?」 

    ルルーシュ「・・・会長、ちゃんと説明してないんですか?」 

    ミレイ「ごめーん完全に忘れてた、実はね」 


    ---- 
    -- 


    隊長「おぉ副会長が女装して助っ人に!」 

    ルルーシュ「あんまりでかい声で言わないでもらえますか・・・」


    6: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:27:37.69 ID:vqFUST3lo

    副隊長「1年生でありながら学園の副会長に登りつめた男・・・これは頼もしいですね隊長!」 

    隊長「あぁ!」 

    ルルーシュ「・・・別に好きでなったわけじゃないですけどね」 

    スザク「あのぉ、ところで戦車は?」 

    隊長「あ、申し訳ない!あそこにあるのが我々の戦車です!!」 

    シャーリー「えぇー、あんな大きいのに乗るの?無理だよ無理無理、絶対無理」 

    ルルーシュ「(フン、ナイトメアに比べたら大したことはない)」 

    スザク「凄い、シャーマンだ!」 

    ルルーシュ「ん?スザク、知ってるのか?」 

    スザク「技術部とはいえ一応軍人だからね。M4中戦車、通称シャーマンっていって、ブリタニアが開発した戦車だよ」 

    ルルーシュ「ほう、ブリタニアの・・・で、スペック的にはどうなんだ?」 

    スザク「高い方だと思うよ。寧ろ長い間公式戦に出てないうちみたいな学校に、こんな良い戦車があるなんて思わなかったよ 
    ナイトメアで言えば、そうだな」 

    カレン「サザーランドくらいじゃないかしら」 

    スザク「うん、そのくらいかもね・・・・ってカレンこういうのに詳しいのかい?」 

    カレン「へ?(やば、つい口が勝手に)」


    7: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:29:29.00 ID:vqFUST3lo

    カレン「あ、いや・・・その」 

    ルルーシュ「(全くしょうがない奴だ) ゲームだろ、流行ってるもんなネットとかで」 

    カレン「そ、そうなの!ゲーム」 

    隊長「うちはこのシャーマン6輌で試合に出ます!」 

    ミレイ「6輌?この人数で6輌も出せるの?」 

    スザク「シャーマンは最低でも1輌に車長と砲手、操縦手の3人いれば何とかなりますけどこの人数じゃ・・・」 

    ルルーシュ「ん?1輌だけ砲塔が長いやつがあるが、あれも同じ種類の戦車なのか?」 

    スザク「あれはシャーマンファイアフライ。17ポンド砲といって普通のシャーマンに比べて攻撃力が高いのが特徴だね」 

    カレン「(日本の戦車はないのかしら)」 

    ルルーシュ「割り振りはどうするんです?誰がどの戦車に乗るんですか?」 

    隊長「副会長が決めてください!」 

    ルルーシュ「え?俺がですか?このチームの指揮官はアナタでは?」 

    隊長「私作戦とか指示とか、そういうの苦手で」 

    副隊長「私もw」 

    ルルーシュ「だからって何で俺が・・・」


    8: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:31:24.71 ID:vqFUST3lo

    ミレイ「いいじゃないの、アンタそういうの好きそうだし」 

    リヴァル「いよっ、ルルーシュ隊長!」 

    ルルーシュ「全く・・・じゃあ適当に決めますからね」 



    シャーマン(キングチーム) 
    車長兼砲手:ルルーシュ  操縦手:? 


    シャーマン・ファイアフライ(クイーンチーム) 
    車長兼砲手:スザク  操縦手:リヴァル 


    シャーマン(ナイトチーム) 
    車長:ミレイ  砲手:女生徒A  操縦手:カレン 


    シャーマン(ビショップチーム) 
    車長:隊長  砲手:女砲手A  操縦手:女操縦手A 


    シャーマン(ルークチーム) 
    車長:副隊長  砲手:女砲手B  操縦手:女操縦手B 


    シャーマン(ボーンチーム) 
    車長:シャーリー  砲手:ニーナ  操縦手:女操縦手C 





    ルルーシュ「これなら6輌組めるでしょう」


    9: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:32:54.18 ID:vqFUST3lo

    ミレイ「2人しかいない車輌が2輌もあるけど、大丈夫なのこれ?」 

    ルルーシュ「俺とスザクが車長と砲手、装填手を兼任するから問題ありません」 

    シャーリー「ルルの車輌の操縦手は誰なの?」 

    ルルーシュ「当日もう一人助っ人をつれてくる。俺の車輌の操縦手はそいつにやってもらう」 

    ミレイ「まさか学校外から連れてくるつもり?」 

    ルルーシュ「男が3人も女装して出場してるんだから、外部から1人つれてくるくらいなんてことないでしょ」 

    ミレイ「まぁ、それはそうだけど」 

    副隊長「いよいよ試合ですね隊長!」 

    隊長「あぁ、胸が高まるな!」 

    スザク「ところで、試合の相手はどこなんですか?」 

    隊長「そういえばまだ言ってませんでしたね。相手は今年の全国大会優勝校、大洗女子学園です!」 


    ---- 
    -- 
    -


    10: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:34:49.38 ID:vqFUST3lo

    みほ「練習試合ですか?」 

    河嶋桃「そうだ!相手はアッシュフォード学園という学校だ!」 

    優花里「アッシュフォード?聞いた事のない学校ですね」 

    河嶋桃「長らく戦車道の表舞台に姿を現していない学校のようだ。戦車道の授業自体はずっとあったらしく 
    生徒数の少なさが原因で大会等へ出場できなかったと聞いている」 

    沙織「うちもこの間まで似たようなもんだったよね」 

    角谷杏「いやぁ、全国大会優勝してからうちへの練習試合の依頼が絶えなくってさぁ、困っちゃうよねぇ」 

    小山柚子「メイプル高校、マジノ女学院、アッシュフォード学園、コアラの森学園。今週だけで4校から依頼が来てますね」 

    華「凄いですね!」 

    沙織「来月にはエキシビジョンマッチもあるんでしょ?何か本当強豪校の仲間入りって感じだね!」 

    みほ「でも何でその中からアッシュフォード学園ってところを選んだんですか?」 

    角谷杏「アッシュフォード学園って実はブリタニアの学校でさ。アッシュフォード家ってのは割と名の知れた貴族なんだよ」 

    優花里「まさか貴族から圧力をかけられたんですか!?」 

    河嶋桃「仮にそうだとしても、会長がそんなものに屈するわけないだろ」 

    小山柚子「会長が理事長のお孫さんと知り合いなんですって」


    11: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:38:33.36 ID:vqFUST3lo

    角谷杏「いやぁ、どうしてもってお願いされちゃってさぁ」 

    華「試合はいつなんですか?」 

    角谷杏「今週の土曜日」 

    沙織「土曜日って明後日じゃん!いつもいつも急すぎ」 

    優花里「まぁ、もう慣れっこですけどね」 

    麻子「朝は何時に起きればいい?」 

    河嶋桃「試合開始が9時だから、7時には学校にきてもらう」 

    優花里「となると起きる時間は6時くらいですかね」 

    麻子「くぅ・・・・・・」 

    優花里「ブリタニアの学校ってことは、やっぱりサンダースみたいにシャーマン部隊なんですかね?」 

    みほ「どうだろう。情報がない学校との試合はちょっとドキドキするね」 

    沙織「この間の大会でのうちがまさにそんな感じで相手の学校やり辛かっただろうね」 

    優花里「偵察にいきますか?」 

    みほ「ううん、大丈夫!練習試合だし、そこまでしなくても」 

    沙織「そうそう。それにずっと試合してないような学校だし、そこまで警戒しなくても大丈夫だって」


    12: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:40:41.47 ID:vqFUST3lo

    河嶋桃「油断は禁物だぞ!うちは全国優勝校なんだ、例え練習試合といえども」 

    みほ「勿論、負けるつもりはありません!試合をする以上全力で戦います」 

    角谷杏「そんじゃ作戦会議でもしよっかぁ。かぁーしまぁ、他のチームの車長呼んできて!」 

    河嶋桃「はっ!」 


    沙織「ねぇ、黒森峰の時ブリタニアの学校と試合したことあるの?」 

    みほ「ううん、ない。どんな戦い方するんだろう」 

    華「何となくですけど、ブリタニア人の方っておおざっぱなイメージがありますよね」 

    沙織「繊細なイメージはないよね、絶対華道なんてできないもん。それにブリタニア人って戦車っていうより 
    あのガンダムみたいなロボットばかり乗ってるんでしょ?」 

    優花里「ナイトメアフレームですね!最近新世代の機体が実戦投入されたらしいですよ!」 

    沙織「可愛げがないよね、あれ!戦車の方が絶対可愛い」 

    優花里「古い機体ですけど、ガニメデとかは結構可愛いですよ!ゴツゴツしてて」 

    河嶋桃「ナイトメアの話はもういいだろ、作戦会議を始めるぞ」 

    沙織「はーい」


    13: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:43:14.35 ID:vqFUST3lo

    -------試合当日 


    C.C「おい・・・これはどういう事だ」 

    ルルーシュ「人が足りないんだ、仕方ないだろう」 

    C.C「普段から無暗やたらと歩き回るなと言っているくせに、こんなに人が集まるところに自分から連れ出すとはな」 

    ルルーシュ「だから変装させてるんだ、そのカツラと眼鏡はとるなよ」 

    スザク「この子が君の言ってた助っ人かい?」 

    ルルーシュ「あぁ」 

    スザク「何かどこかで見た事あるような・・・」 

    シャーリー「あの子とルル、どういう関係なのかしら・・・」 

    リヴァル「ルルーシュの奴、いつの間にあんなに可愛い子と知り合いになったんだ」 

    ミレイ「何にしても、これで6輌出せるわね」 

    C.C「おい、私は戦車など乗ったことはないぞ」 

    ルルーシュ「奇遇だな、俺もだ。まぁナイトメアの操縦ができるんだ、戦車くらい問題なく動かせるだろうマニュアルは読んだんだろ?」 

    C.C「一応な。だが上手く操縦できる自信はない」


    14: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:47:02.09 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ「問題ない」 

    C.C「相手は今年の全国大会の優勝校なんだろ?そんな適当な事で大丈夫なのか?」 

    ルルーシュ「丁度良いハンデだろう」 



    優花里「見てください、やっぱり相手はシャーマン部隊ですよ!」 

    みほ「本当だ、ファイアフライもある」 

    華「サンダース戦ではあの車輌に手こずりましたよね」 

    沙織「でもあの時は砲手の人も凄かったんでしょ?」 

    みほ「うん。でもアッシュフォードにも同じくらいの砲手がいるかもしれないし」 

    華「油断は禁物ってことですね」 



    左衛門佐「相手はブリタニアの学校なのか」 

    エルヴィン「ブリタニアといえば厳島の奇跡だな」 

    カエサル「うむ、藤堂鏡四郎率いる日本軍が初めてブリタニアに土をつけた戦いだな」 

    おりょう「戦車がナイトメアに勝った唯一の戦いぜよ」


    15: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:50:23.93 ID:vqFUST3lo

    キャプテン「練習試合とはいえ油断するな、根性だぁ!」 

    近藤、佐々木、河西「おぉ!!」 



    ソド子「ちょっと冷泉さん、顔くらい洗いなさいよ!」 

    麻子「こんな早い時間にちゃんと起きたんだぞ、それ以上を求めるなソド子」 

    ソド子「私の名前は園みどり子!朝早く起きるのは常識でしょ!」 



    澤梓「相手はシャーマン、サンダース戦では殆ど何もできなかったから、ここで活躍して先輩たちに成長した姿を見せるよ!」 

    優季「重戦車キラー♪」 

    あゆみ「ねぇ、ファイアフライ狙おうよ!あれやっつけたら一番格好良いし!」 

    あや「それいい!」 

    桂里奈「何処へでもいったるぞ!」


    17: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:51:09.41 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ「フン、見ろ。何処からどう見てもその辺にいるただの女子高生だ」 

    C.C「あぁそうだな。それがどうした?」 

    ルルーシュ「全国優勝校だろうがなんだろうが、俺の敵ではないという事を言いたかったんだよC.C」 

    C.C「随分遠回しな言い方だな。ま、お手並み拝見といくか」 

    シャーリー「ルルが大洗の子達をジーっと見てる・・・」 


    --- 
    -- 



    沙織「何かアッシュフォードの隊長さんモデルみたい」 

    華「背が高く、細身で整った顔立ち、羨ましいですね」 

    優花里「同じ高校生とは思えません」 

    みほ「何かちょっと緊張するね・・・」 

    沙織「みぽりんが緊張することないって、こっちは受けて立つ側なんだから、ドンと構えてればいいのよ!」 

    みほ「そ、そうだよね」


    18: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:53:39.29 ID:vqFUST3lo

    審判「それではこれより、大洗女子学園とアッシュフォード学園の試合を始める。礼ッ!」 

    みほ「よろしくお願いします!」 

    ルルーシュ「お願いします」 

    みほ「(本当に綺麗な人だなぁ)」 

    ルルーシュ「優勝校と試合ができて光栄です、どうかお手柔らかに」 

    みほ「えっ、はい!こちらこそ」 

    ルルーシュ「(大洗はこんな頼りなさそうな子が隊長なのか)」 

    みほ「(凄く礼儀正しい人だなぁ)」 

    ルルーシュ「(フン、とっとと終わらせてやる)」 


    ミレイ「話には聞いてたけど、大洗の戦車って本当に変わったのが多いわね」 

    カレン「(これだけ戦車の種類があるなら日本の戦車も・・・・あった!しかも八九式、可愛い!)」 



    --- 
    -- 
    -


    20: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:56:20.08 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ「広い平野に狭い森林地帯」 

    C.C「西には小さな川もあるな」 

    ルルーシュ「面白味のないステージだ・・・まぁ、相手が高校生である以上、ステージどうこう以前の問題だが」 

    C.C「どう攻めるんだ?この試合は旗のついた車輌を倒せば勝ちなんだろ?」 

    ルルーシュ「あぁ、向うのフラッグ車はヘッツァーという戦車だったな。車高が低く発見しにくい戦車だが 
    これだけ開けたステージなら発見はそう難しくない。機体性能もこちらの方が上、撃破はた易い」 

    C.C「随分と詳しくなったな。お勉強でもしたのか?」 

    ルルーシュ「戦闘の指揮を執る以上、使用する兵器の事はある程度知っておく必要があるからな」 


    ザーッ  ザーッ 


    隊長『副会長、作戦はどうしましょう?』 

    スザク『ルルーシュ、ステージの真ん中に全体を見渡せる程高い丘がある、まずはここを目指さないか?』 

    カレン『確かにここを押さえれば、戦闘を有利に進められるわね』 

    隊長『じゃあまずは高地を目指すって事でいきましょう!』 

    ルルーシュ『いや、高地はとらず様子をみる』 

    スザク『え?何でだい?』


    21: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:57:20.21 ID:vqFUST3lo

    C.C「あいつらの言う通りだ、何故高地をとらない?」 

    ルルーシュ「確かにあそこをとれば戦闘はだいぶ有利に進められる。数で劣るこちらとしてはすぐに押さえるべきだろう」 

    C.C「だったら」 

    ルルーシュ「しかし向うが上回っているのは数だけだ。指揮官も、機体性能もこちらが上。特に急いでとりに行く必要はない」 

    C.C「相変わらず自信家だな」 

    ルルーシュ「それに、高地をとりたいのは大洗も同じはずだ。ならばとらせてやった方が寧ろ戦い易い」 

    C.C「どういう意味だ?」 

    ルルーシュ「仮に大洗が高地を押さえたとして、確かに向こうはステージ全体を見渡すことができるが 
    それは逆を言えば下からの俺達に常に身を晒すという事だ。目標が常時そこにいてくれるんだぞ?これほど戦いやすいことはない」 

    C.C「だが撃ち合いになったら高台にいる向うの方が有利だ」 

    ルルーシュ「撃ち合いになればな」 

    C.C「ん?」 

    ルルーシュ「こちらの主力は文字通りクイーンだ。ファイヤフライの有効射程は約3000mもある、距離をとれば問題ない。 
    森林地帯に身を隠しながら撃つのもいいだろう。ファイアフライの17ポンド砲で高地にいる大洗の面々を少しずつ削っていく。 
    スザクの腕は練習の際に確認済みだ。命中率98%、速いナイトメアならともかく、動きの遅い戦車などただの的だ」 

    C.C「削っていく?これはフラッグ戦だから旗の立っている戦車を倒せばそれで終わりだろう?」


    22: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 00:58:52.90 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ「確かにそうだが、それではあっけなすぎるだろ。先輩達にとっては最初で最後の試合みたいだからな 
    できるだけ長く試合をさせてやりたい。だからフラッグ車は最後まで残し、残り1輌になってから総攻撃を仕掛ける予定だ」 

    C.C「随分と優しいじゃないか、見直したぞルルーシュ」 

    ルルーシュ「黙れ魔女」 



    ---- 
    -- 


    澤梓『え?高台を譲るんですか?』 

    河嶋桃『何故だ、試合開始と同時にでもとりにいくべきだろ!』 

    エルヴィン『このようなステージの場合まず高地を押さえるのが定石では?』 

    みほ『あちらがどういう戦い方をするのか分からないので、とりあえず定石通り動いてもらおうと思います 
    相手が高台を押さえるのであれば、その後の選択肢は限られます。ですからあえて譲って、相手の裏をかこうと思います』 

    華『確かにどんな作戦をとってくるか分からない状態で戦うより、相手がどう動くか分かっていた方が戦いやすいですよね』 

    みほ『うん。それに向こうにはファイアフライもいるし、高台だと下から狙い撃ちされる可能性もあるから』 

    沙織『そんな凄い砲手アッシュフォードにいるとは思えないけど』 

    麻子『可能性は0じゃない』


    23: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:01:03.00 ID:vqFUST3lo

    澤梓『でもそれだと結局上から狙い撃ちされるんじゃないですか?』 

    みほ『はい、ですから各車高台から最低でも3000mの距離を保って行動するか、3000m以内を移動する際は森林地帯を通って 
    高台から発見されないよう身を隠してください』 

    エルヴィン『しかしそれではこちらも攻撃できないのでは?』 

    みほ『最初にアリクイさんチームが単独で開けた平野地帯を走行してください。恐らく相手は砲撃するでしょうから 
    その砲撃を見てファイアフライの砲手の腕を見極めます。流石に走行予定地点は高台から2000m以上離れてますから 
    撃破される事はないと思いますが、着弾の位置で予測し、腕がそこまでではないのであればモクモク作戦で少しずつ距離を詰めます』 

    優花里『相手が凄腕だったらどうするんです?』 

    みほ『砲撃を交わしつつ敵を森林地帯までおびき寄せるしかないかな。その場合我慢比べになるかも』 

    角谷杏『だったら大丈夫だねぇ、ブリタニア人は気が短いで有名だから』 

    みほ『敵が森林地帯へ進軍してきた場合は、いつも通り分断させ各個撃破でいきましょう。カバさんチームは敵が来るまでの間に 
    できるだけ多くの待ち伏せポイントを作っておいてください』 


    おりょう『御意』 

    カエサル『御意』 

    左衛門佐『御意』 

    エルヴィン『御意』


    24: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:04:56.96 ID:vqFUST3lo

    ---------試合開始20分後 


    ルルーシュ『ビショップチーム、状況は?』 

    隊長『大洗の車輌は依然確認できません』 

    ルルーシュ『そうですか・・・引き続き監視を続けてください。目標を確認できたらすぐに報告 
    こちらが指示を出すまでくれぐれも発砲は避けるようにお願いします』 

    隊長『了解です!』 

    ルルーシュ「はぁ・・・全く、本当に相手は全国優勝校なのか?この戦況ではどう考えてもまず高地をとるべきだろうに 
    定石すら心得ていないとは予想外だった。事前にあれこれと考えた自分が馬鹿みたいだ」 

    C.C「どうするんだ?相手が上まで登るまで待つのか?」 

    ルルーシュ「待ってやってもいいが、俺はそこまで気が長い方ではない。向こうが定石を無視するなら 
    こちらは定石通りの戦いで相手を圧倒してやろうじゃないか」 

    C.C「じゃあ上をとるんだな」 

    ルルーシュ『全車、作戦をプランβに変更する。高地を押さえ地の利を得るぞ!移動中は念の為敵の奇襲に備え 
    ボーン、ルーク、キングでフラッグ車であるクイーンを囲みながら進行する。先行しているビショップはこちらとの合流を待たず直進』 

    スザク『イエス・ユア・ハイネス』 

    リヴァル『何言ってんだスザク、その場合イエス・マイロードだろ!ユア・ハイネスじゃルルーシュが皇族になっちゃうよ』 

    スザク『え?あっ、そ、そうだね。あははは』


    25: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:08:07.72 ID:vqFUST3lo

    隊長『いいじゃないですか格好良くて!イエス・ユア・ハイネス!』 

    副隊長『イエス・ユア・ハイネス』 

    ルルーシュ「・・・・・・」 

    カレン『(あたしは絶対言わないわよ)』 



    ----- 
    --- 



    優花里「なかなかとりに来ないですね」 

    みほ「こっちが不自然なまでに高地を空けてるから、向こうも警戒してるのかも」 

    華「どうします?」 

    みほ「作戦はこのままで行きます!この時間を利用してカバさんチームに協力して森の中にキルゾーンを沢山作りましょう 
    敵を森の中へ引き寄せられればこちらが圧倒的に有利になるように」 

    華「分かりました」 

    沙織『みなさん聞こえましたかぁ?今の時間を利用してキルゾーンをつくります!』 

    みほ『ただし、ウサギさんチームは引き続き高地の監視をお願いします』


    26: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:12:51.70 ID:vqFUST3lo

    ---- 
    -- 


    隊長『こちらビショップチーム、高地Aポイント到着!』 

    ミレイ『ナイトチームも到着したわよ』 

    ルルーシュ『キング、クイーン、ボーン、ルークも到着。これで全車無事目的地か』 

    スザク『移動中攻撃どころか大洗の姿も見えなかったね』 

    ルルーシュ『いよいよ本当に連中が何をしたいのか分からなくなってきたな。まぁ、策などないのだろうが』 

    カレン『それにしても見晴らしが良いわね、これだけ見渡し良ければやっぱり有利よ。とって正解だわ』 

    ルルーシュ『全車、大洗の車輌を確認したら砲撃を許可する。四方をくまなく探せ、何処に潜んでいるか分からんからな 
    スザク、攻撃の中心はお前だ。分かっているとは思うが』 

    スザク『あぁ、任せてくれ。必ず仕留めて見せる』 

    ルルーシュ『よし』


    27: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:16:15.73 ID:vqFUST3lo

    澤梓『西住隊長、こちらウサギチーム!高地X地点に敵戦車確認しました!ファイアフライもいます』 

    あや『はぁ、やっと来た』 

    優季『待ちくたびれたよね』 

    みほ『分かりました!それではアリクイさんチームのみなさん、予定通りCコースをジグザグに走行してください!』 


    ねこにゃー「よし行くにゃー!」 



    シャーリー『あれ?ねぇルル、あれって敵チームの戦車じゃない?』 

    ルルーシュ『ん?あんなに離れてるのによく見つけたなシャーリー、お手柄だ』 

    シャーリー『(おぉ、ルルに褒められた)』 

    スザク『日本の三式中戦車だね。凄い蛇行しながら走ってるけど』 

    ルルーシュ『いざ高地をとられてようやく事の重大さに気づいたんだろう、こちらを下におびき寄せる為の陽動にすぎない 
    こちらは降りるまでもなく上から砲撃を浴びせれば良いだけだと言うのに。全車、発砲を許可する!』 

    副隊長『やっと撃てますよ隊長!』 

    隊長『よーし、記念すべき実戦での初砲撃、いけー!』 

    ミレイ『私達も撃ってみましょう!撃てー!』


    28: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:20:14.77 ID:vqFUST3lo

    ドンッ  ドンッ  ドンッ  ドンッ 


    C.C「私達は撃たないのか?」 

    ルルーシュ「必要ない」 『スザク、一撃で決めろ』 

    スザク『あぁ』 



    優花里「一斉に撃ってきましたね!」 

    沙織「全然当たってないみたい」 

    華「そうですねぇ」 

    麻子「当たる以前に届いてないぞ」 

    華「予定通りモクモク作戦で距離を詰めますか?」 

    みほ「まだファイアフライは一発も撃ってないので、もう少し様子をみます」 


    ももがー「全然当たらないモモ!」 

    ねこにゃー「神回避炸裂だにゃー」 


    スザク「・・・・・・発射!」


    29: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:24:42.39 ID:vqFUST3lo

    ズドーーーーンッ!!! 


    ねこにゃー「ぎゃあああああ」 

    ももがー「やられたモモー」 


    シュパッ(旗が立つ音) 


    審判「大洗女子学園、三式中戦車走行不能!」 


    みほ「!?」 

    優花里「あぁ、やられちゃいました!」 

    華「凄い、たった一撃で」 

    沙織「え?今何が起きたの?」 

    麻子「どうやらアッシュフォードにもファイアフライには凄腕が乗ってるらしいな」 

    みほ「あの距離を一撃で仕留めるなんて・・・」


    30: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:29:49.94 ID:vqFUST3lo

    リヴァル「すげーじゃんスザク!一発だぞ一発!」 

    スザク「いや、まぐれだよ」 


    ミレイ「へぇ、凄いわねぇスザクくん」 

    カレン「(私だって砲手ならあれくらい・・・)」 


    副隊長『隊長、あの大洗から白旗です、快挙です!!』 

    隊長『西住流から先手の白旗なんて夢みたいだ!』 


    ルルーシュ「これでこちらは6輌、相手は7輌。やはり戦場で持つべきものは有能な部下だな」 

    C.C「しかし今の一撃を目の当たりにしたら、流石にもうさっきみたいにノコノコと射程内に出てきたりはしないんじゃないか?」 

    ルルーシュ「射程内に来ないのであればあぶりだすまでだが、相手は思った以上に無策だ。またノコノコと 
    射程内へ飛んでくる可能性もある、暫く様子をみてみるとしよう」


    31: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:37:21.43 ID:vqFUST3lo

    -------森林地帯 


    角谷杏『いやぁ、驚いたね。まさか向こうにあんなスナイパーがいるとは』 

    小山柚子『これじゃ不用意に近づけませんね』 

    河嶋桃『西住、この後どうする?』 

    みほ『当初の予定通り敵を森まで引き寄せます!』 

    カエサル『向こうは地の利を得ている、引き寄せようにも難しいのでは?』 

    みほ『はい、ですから一度高地へ攻め込み劣勢を演じて、相手がいかにも優勢のような空気を作り出そうと思います』 

    沙織『相手をイケイケムードにして下までおびき寄せるのね』 

    みほ『カメさんチーム以外の全車で攻め込みます!あくまで攻めているフリですが、相手に悟られないようギリギリまで粘ります』 

    華『カバさんチームも攻めるんですか?』 

    みほ『カバさんがいないと撤退する際相手に罠だと悟られる可能性があるから。全力で高地をとりに行くのであれば三突の火力は必須だし 
    ですから森へ撤退する際はカバさんチームが先頭で早めに森へ入り、キルゾーンで待機してください』 

    エルヴィン『心得た!』 

    河嶋桃『しかし6輌でいくのは流石に危険じゃないのか?相手にはあのファイアフライがいるんだぞ?』


    32: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 01:45:30.33 ID:vqFUST3lo

    みほ『あちらのファイアフライは確かに脅威ですが、先程の砲撃を見る限り他の5輌はそれほど脅威ではありません 
    砲身をよくみて回避行動をとれば大丈夫です!』 

    キャプテン『ファイアフライが脅威って言っても砲塔が7つあるわけじゃないですしね!四方から囲めば大丈夫!』 

    優季『他の戦車砲弾届いてもいなかったし』 

    みほ『全力で攻め、全力でやられ、全力で逃げます!そうすればフラッグ車は残るでしょうけど何輌かのシャーマンは森まで追撃してくると思います』 

    澤梓『そしたら待機してるカバさんカメさんでズドンッ!ですね!』 

    みほ『はい』 

    エルヴィン『して、作戦名は?』 

    みほ『へ?えーっと、フリフリ作戦で!攻めるフリ、やられるフリ、逃げるフリをするので』 

    角谷杏『フリフリいーね!』 

    みほ『ではみなさんよろしくお願いします、パンツァーフォー!』 



    ---- 
    -- 
    -


    40: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 16:52:52.53 ID:vqFUST3lo

    C.C「来ないな」 

    ルルーシュ「相手もそこまで馬鹿ではないということか。これ以上戦いを長引かせるつもりはない、偵察隊を送り 
    奴等の居場所をはっきりさせファイアフライの射程内まであぶりだしてやる」 

    シャーリー『ルル、こっちの方から大洗の車輌が!』 

    ルルーシュ『ほぅ、何輌だ?』 

    シャーリー『えーっと、2輌!』 

    スザク『ルルーシュ、こっちからも1輌きた!ルノーB1だ』 

    ミレイ『あ、こっちからも2輌きてるわよ』 

    隊長『副会長、こちらからも1輌、Ⅳ号が接近してきてます!』 

    ルルーシュ『何だ、最もつまらない作戦に出たな。力押しで好位を奪おうというわけか、機体性能の差は歴然だと言うのに』 



    みほ『砲撃開始!』 


    ドンッ  ドンッ  ドンッ  ドンッ 


    シャーリー『うわー無理無理撃ってきた』 

    ミレイ『ど、どうするのルルーシュ?!』


    41: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 16:57:07.07 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ『フ、フハハハハハ!』 

    シャーリー『ル、ルル?』 

    ルルーシュ「悪手にも程があるな大洗。先程の三式への砲撃を見て敵はファイアフライだけだと踏んでの四方からの挟撃 
    しかし、こちらはお前らがそう考える事などはなからお見通しだ。全車砲撃を許可する!今度は当てていいぞ」 

    隊長『了解!』 

    副隊長『了解です!』 

    ミレイ『こっちも了解!』 


    澤梓「シャーマンの砲塔、こっち向いてるよ!みんな注意して!」 

    優季「大丈夫大丈夫」 

    あゆみ「ファイアフライ以外は当たらないもんね」 

    あや「突っ込め突っ込めー!」 

    桂利奈「あいあいあい!」 

    澤梓「ちょ、ちょっとみんな!」


    42: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:01:37.55 ID:vqFUST3lo

    ドカーンッ 


    澤梓「うわっ!」 

    優季「きゃあああ」 

    あゆみ「当ったじゃん、さっきのは何だったの?」 

    澤梓「もう!油断するからだよ!応戦するよ!」 

    桂利奈「あれ?動かない」 

    あや「もしかして履帯やられたの?」 


    隊長『まずは履帯を攻撃して足を止めて・・・撃て!』 


    桂利奈『うわーきた!』 


    ドカーンッ! 


    シュパッ 

    審判『大洗女子学園、M3中戦車リー、走行不能』 


    沙織『ウサギさんチームがやられたって!』 

    みほ『さっきと砲撃の質が全然違う・・・これって』


    43: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:06:12.64 ID:vqFUST3lo

    副隊長『流石です隊長!よーし私達もやるぞ!』 

    各女子生徒『おーっ!』 


    ドンッ  ドンッ  ドンッ 


    ナカジマ「うわぁ、凄い砲撃、届かないどころか的確に履帯狙ってきてるよ」 

    ツチヤ「ドリフトで避けきってやる!」 


    コモヨ「こんなの避けきれないよソドコ!」 

    ソドコ「風紀委員の腕の見せ所よコモヨ、全部避けなさい!」 


    ドンッ 


    ソドコ&コモヨ「うわああああ」 



    ルルーシュ「試合経験はないとはいえ、3年間も毎週授業で練習してきたんだ。流石にスザクやカレン程ではないが 
    砲撃、走行技術に関して先輩達はかなり高いレベルにある。ボーンチームのニーナ以外は相手を仕留める可能性があるという事 
    ファイアフライ1輌だけが戦力だと勘違いした時点でお前達の負けだ」


    44: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:10:27.34 ID:vqFUST3lo

    優花理「このままではみんなやられてしまいます!」 

    華「さっきの砲撃はわざと外してたんですね、私達を油断させる為に」 

    みほ「でも結果的にごく自然な形でこちらが劣勢になりました!」 『各車、モクモク作戦を使って森まで撤退します!』 

    キャプテン『了解です!モクモク開始!』 



    ルルーシュ『こうなればもう時間の問題だな。スザクがルノーを討てば6対5、数の上でもこちらが勝る』 

    スザク『よし、この距離なら外しようがない』 


    プシュー   プシュー   プシュー 


    スザク『え?』 

    ルルーシュ『ん?』 

    カレン『ちょっと何これ煙幕!?前が全然見えない!』 

    ルルーシュ『ほぅ、こんな策を残していたとは、流石は全国優勝校といったところか』 

    カレン『感心してる場合、この視界の悪さじゃ攻撃できないわよ!』 

    ルルーシュ『落ち着け、攻撃できないのは向こうも同じだ。恐らくこの隙に一度撤退し態勢を整えようというのだろう』


    45: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:15:58.37 ID:vqFUST3lo

    隊長『どうするんですか副会長!?』 

    ルルーシュ『(このまま逃がしてまた姿をくらまされると面倒だな、それに戦況は圧倒的にこちらが優位。ならば)』 

    スザク『ルルーシュ、指示を!』 

    ルルーシュ『ナイト、ルーク、ビショップ、ボーンの4チームは高地を下り大洗を追撃!キングとクイーンはここに待機し援護に回る 
    恐らく敵は見通しの悪い森林地帯へと逃げ込み分散するだろう。こちらも分散し追撃にあたれ、敵の位置情報は随時報告』 

    隊長『イエス・ユア・ハイネス!』 

    副隊長『イエス・ユア・ハイネス!』 

    ルルーシュ『・・・それは止めてください』 

    ミレイ「よーし、行くわよカレン!」 

    カレン「(全くしょーがないわねぇ)」 



    優花里「西住殿の言う通り、4輌こちらを追撃にきました!」 

    みほ「やっぱり全車では来ないか」 

    沙織「もう1輌は丘の上でフラッグ車を守ってるみたい」


    46: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:22:04.82 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ『ん?おいどうしたスザク?』 

    スザク『僕達は援護に回るんだろ?だったら、森に入られる前に1輌だけでも』 

    ルルーシュ『この視界の悪さじゃ無理だ、他の4輌に任せておけば』 


    ドンッ!! 


    ソドコ「へ?」 


    ドカーーンッ!! 


    ソドコ「キャー!!」 

    コモヨ&パゾミ「うわああ」 


    シュパッ! 


    審判『大洗女子学園、ルノーB1 bis走行不能!』 


    ルルーシュ『なっ・・・・・相変わらず非常識な奴だ』


    47: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:28:49.30 ID:vqFUST3lo

    沙織「カモさんチームがやられちゃったって!」 

    みほ「こんなに視界が悪い中で当てるなんて・・・」 『各車、モクモク作戦実行中ですがジグザクに走行してください!ファイアフライが狙ってます!』 

    華「これでこちらは残り5輌です。相手は6輌」 

    みほ「追撃部隊は4輌、森に入ればこちらが有利だし大丈夫!今は一刻も早くファイアフライの射程から外れることを考えましょう」 

    麻子「少々飛ばすぞ」 

    みほ「お願いします!」 



    隊長『逃がすか―!』 

    副隊長『追え追えー!』 

    シャーリー『ちょっとスピード出しすぎですよ先輩!』 

    カレン『私から逃げ切れると思ってるのかしら!』 

    ミレイ『カレン、キャラ変わってない?』 



    ルルーシュ「各車森に入ったか。条件は全てクリアされた、後は1輌ずつ料理していくだけだ」


    48: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:36:26.88 ID:vqFUST3lo

    みほ『各車予定通り分散し、相手をキルゾーンまで誘導してください!カメさんカバさん準備は大丈夫ですか?』 

    エルヴィン『言うに及ばず!』 

    角谷杏『こっちも準備万端だよぉ』 



    ミレイ『敵が分かれていくわ、ルルーシュの言ってた通りね』 

    カレン『私達はⅣ号を追うわ!』 

    隊長『じゃあ私達はポルシェティーガで!』 

    副隊長『我々は八九式を!』 

    シャーリー『え?じゃ、じゃあ私達も会長と同じやつを!』 



    ----- 
    -- 



    カレン『逃がすかぁ!!!』 

    麻子『速い、追いつかれる。きつめに行くぞ』


    49: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:42:10.57 ID:vqFUST3lo

    沙織『ちょっと麻子、これ以上きつめってどうなっちゃうの!?』 


    グワンッ  グワンッ 


    沙織『ちょーっと急に曲がりすぎ!曲がるなら曲がるって言ってから曲がって!』 

    麻子『こうでもしないと追いつかれる』 


    カレン『クソッ、何なのよあの戦車の操縦手は!全然追いつけない!』 



    シャーリー『どっちもいなくなっちゃった・・・早すぎるよ』 


    ---- 
    -- 



    ルルーシュ『各車、敵の位置情報を送れ』 

    ミレイ『こちらナイトチーム。えーっと、現在d3から間もなくd4地点。Ⅳ号を追撃中』 

    隊長『こちらビショップ、只今a4地点走行中、ポルシェティーガを追撃しています』


    50: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:48:40.08 ID:vqFUST3lo

    副隊長『こちらルークチーム、現在f4地点走行中!敵戦車左折した為これよりe4地点へ移動します!八九式追撃中』 

    シャーリー『こちらボーンチーム、えーっと・・・・・何処にいるのか分かるニーナ?』 

    ニーナ『分からない・・・』 

    ルルーシュ『ナイトはⅣ号の追撃を中止しe4へと移動しルークと共に八九式を挟撃。ビショップはそのまま追撃 
    a5地点へ入ったら例の木を砲撃、相手の進路を阻め』 

    ミレイ『りょーかい!』 

    隊長『イエス・ユア・ハイネス!』 

    副隊長『イエス・ユア・ハイネス!』 



    麻子「どうやら諦めたようだな、西の方へ進路を変えたぞ」 

    沙織「さっきまであんなにしつこかったのにねぇ」 

    みほ「西・・・」  !?  『アヒルさんチーム進路を変えてください!正面から敵が来ます!』 


    キャプテン『りょ、りょーかいしました!』 

    副隊長『こちらルーク、八九式再度進路を東へ変えe5へと向かっています!』 

    ルルーシュ『ナイトはd7へ、迂回してもう一度囲め』


    51: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 17:49:41.62 ID:vqFUST3lo

    キャプテン『西住隊長、この後はどうしたら!?』 

    みほ『そのまま走行しカバさんが待機しているK2地点まで相手を引き寄せてください!』 

    キャプテン『了解しました!』 


    隊長『間もなくa5地点!例の木ってのは・・・あれだな!よーし、あの木目がけて砲撃!』 

    女子砲手『イエス・マイ・ロード!』 


    ドンッ 


    ナカジマ「ん?何処撃ってんだろうあのシャーマン?珍しくとんでもないとこ撃ったぞ今」 

    ホシノ「まずい、前、前!!」 

    ナカジマ「うわっ、木が倒れる!」 

    ツチヤ「これは無理だ、急ブレーキ!!」 


    キキーッ 


    ホシノ「ふぅ、間一髪・・・ってこれ逃げ場ないね」 

    ナカジマ「砲塔旋回、急げー!!」


    52: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:07:00.91 ID:vqFUST3lo

    隊長「敵が砲塔をこちらに向ける前に勝負をつけるぞ、撃てー!!」 

    女子砲手B「イエス・マイ・ロード!!」 


    ドカーーンッ 


    隊長「うわああああ」 

    女子砲手B「きゃあああ」 


    シュパッ! 


    審判「アッシュフォード学園、M4シャーマン、走行不能!」 


    隊長「ぐぇぇぇ記念すべき初被弾・・・いったい誰が?」 

    女子砲手B「あんなところにⅣ号が!」 

    隊長「Ⅳ号が何であんなところにいるんだ?でもまぁいいか、Ⅳ号って言ったら車長はあの西住流だぞ! 
    西住流に撃破されるなら本望だよ!」 

    女子砲手B「何か試合って感じしますよね!」 


    みほ「ふぅ、やっぱり援護にきといて良かった」


    53: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:08:24.41 ID:vqFUST3lo

    ナカジマ「はぁ、助かった」 

    ホシノ「アンコウチームが来なかったら確実にやられてたね」 


    優花里「まさか木を倒して進路を塞ぐなんて」 

    みほ「相手の隊長さん、やっぱりただ者じゃないね」 

    沙織「でもちょっと強引すぎ!これじゃ森林破壊だよ」 

    みほ「でもこれは使える・・・」 





    おりょう「車長、アヒルさんまだ?」 

    カエサル「うーん、そろそろのはずなんだけどな」 

    エルヴィン『アヒルさん、後どれくらいでつきそうですか?』 


    キャプテン『もう少しでつきます!後2分くらい!』 


    エルヴィン「後2分くらいだそうだ、準備は良いな!」 

    左衛門佐「あれ?」


    54: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:09:24.46 ID:vqFUST3lo

    エルヴィン「どうした?」 

    左衛門佐「あれってシャーマンじゃないか?ほら、あそこ」 

    エルヴィン「本当だ、シャーマンだ!でも八九式はまだ来てないし、後2分くらいかかるんだろ?」 

    カエサル「恐らく別の車輌だ、撃つか!?」 

    左衛門佐「うーん・・・自信ない」 

    おりょう「流石に遠いぜよ、外したらこっちの位置が相手にバレるし危険じゃないか?」 

    カエサル「それもそうだな、とりあえずこの事を西住隊長に報告だ!」 

    エルヴィン『隊長殿、こちら南南西に八九式を追っているものとは別の異様に速いシャーマンを確認しました! 
    このまま行くと真っ直ぐアヒルさんチームと出くわす可能性があります』 



    麻子「異様に早い・・・さっきまでこっちを追いかけてたあれか」 

    みほ『分かりました!K2地点での待ち伏せを中止します、アヒルさんは西へ進路を変えてください 
    M37地点で我々と合流します。カバさんチームは次のキルゾーン、K5地点へ移動してください』 


    キャプテン『分かりました!』 

    エルヴィン『心得た!』


    55: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:14:22.58 ID:vqFUST3lo

    副隊長『こちらルーク、八九式また進路を変えて今度は西へ移動!』 

    カレン『はぁ!?あと少しで挟み撃ちできたのに!』 

    ルルーシュ「・・・・先程も同じだったな、こちらが挟撃を試みようとするとそれを察知したかのように直後に回避行動 
    ビショップによる策でポルシェティーガを追いつめるも、まるでそれを分かっていたかのようにⅣ号が援護に回る」 

    C.C「偶然か?」 

    ルルーシュ「偶然で3度も俺の策を読まれてたまるか、どうやら俺は相手を甘く見すぎていたようだ。 
    恐らく連中がこの森へ逃げ込んだのも偶然ではなく必然だろう。俺達は追撃してきたんじゃない、追撃させられたんだ」 

    C.C「追撃させられた?」 

    ルルーシュ「森に入ってからヘッツァーは勿論さっきまでいた三突の位置がまるで掴めていない。思えば一番最初に森に入ったのは三突だった 
    恐らく何処かに身を潜めているんだろう。その他の車輌はそこへ俺達をおびき寄せる為のいわば囮だ」 

    C.C「それでさっきから逃げ回っているというわけか。まぁ八九式じゃ相手がシャーマンでは逃げ回るしか手はないが」 

    ルルーシュ「それにわざわざマークを外してやったⅣ号がいつまでも森の中にいるのも不自然だ。反撃に転ずるのであれば 
    俺達をまいた後は森を抜け態勢を立て直すべきだ。にも関わらずいつまでも森の中をウロウロ。三突とヘッツァーによる 
    待ち伏せ砲撃を狙っている良い証拠だ。この森の中は奴等のキルゾーンで溢れているはずだ」 

    C.C「どうするんだ?」 

    ルルーシュ「奴らのキルゾーンなど全てお見通しだ。逆の立場だった場合、俺が三突やヘッツァーを潜ませるであろうポイントは全部で9つ 
    ここを避けて通ればいい。フハハハ、ようやく面白くなってきたぞ、西住みほとかいったかな?頼りなさそうな顔してなかなかやるじゃないか」


    56: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:17:33.18 ID:vqFUST3lo

    ルルーシュ『ルークはそのまま八九式を追撃、恐らくⅣ号と合流するつもりだろう。ボーンはc5へ』 

    シャーリー『りょ、りょーかい!c5です、行けますか!』 

    女子操縦手「任せてください!」 

    C.C「ボーンチームで大丈夫なのか?」 

    ルルーシュ「森の中にいるのはみんな同じ車輌なんだ、どの車輌が当りか外れかなんて分からないだろう 
    Ⅳ号と八九式の合流を阻止するだけならボーンで十分」 

    ミレイ『ルルーシュ、私達は!?』 

    ルルーシュ『敵がルークとボーンに集中している隙にナイトはキルゾーンを1つずつ潰せ!敵を発見したら撃破しろ! 
    俺の読みでは9つの内の1つに必ずフラッグ車であるヘッツァーがいるはずだ』 

    ミレイ『了解!』 

    カレン『よーし今度こそ!』 



    沙織「みぽりん、南西にシャーマン1輌!」 

    みほ『この状況での合流は危険です、合流を中止しアヒルさんチームは敵を引き付けつつ単独でK5へ向かってください』 


    ルルーシュ『よし、合流は阻止。ルークは八九式の追撃を中止!反転しボーンと共にc5にいるⅣ号を叩け』


    58: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:19:59.20 ID:vqFUST3lo

    みほ「シャーマンが2輌こっちに来た!」 

    沙織「どうするのぉ?」 

    みほ「麻子さん、このまま2輌をK6地点まで誘導してください!相手の砲撃が脅威なので、できるだけジグザクに」 

    麻子「分かった」 


    副隊長『Ⅳ号、a7地点へ向かっています!』 

    ルルーシュ『追撃を中止!その先は恐らくキルゾーンだ。しかし、そこにわざわざおびき寄せようとするという事は 
    そこに三突、或はヘッツァーのどちらかがいると言っているようなものだ。ナイトチーム、キルゾーンはいくつ潰した?』 

    カレン『今ようやく2個目よ!ここにも敵はいないみたい』 

    ルルーシュ『至急a7へ向かえ、確実に当りだ』 

    カレン『りょーかい!』 

    C.C「ポルシェティーガと合流しようとしてるのかもしれないぞ?」 

    ルルーシュ「ポルシェティーガは足が遅い。木が進路を塞いでいる以上、あの機体が迂回しa7へ到達するには 
    後10分以上は時間を要する。つまり合流ではなく、キルゾーンへの誘導の可能性が高い」 


    みほ「追撃を中止した・・・」


    59: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:25:20.23 ID:vqFUST3lo

    華「増援を待っているんでしょうか?」 

    みほ「1輌に対して向こうは2輌、増援を待つにしては不自然すぎる・・・」 

    優花里「じゃあ何で急に追撃を中止したんでしょうか?」 

    沙織「もしかして燃料切れ?」 

    麻子「どう考えてもそんなに走ってないだろ」 

    みほ「・・・もしかして!」   『カメさんチーム、至急K6地点を離脱してください!』 

    河嶋桃『なにぃ!?何故だ!?せっかく巧妙なカモフラージュを施したというのに!』 

    みほ『シャーマンが1輌そちらへ向かっています!直ちに離脱してください!』 

    河嶋桃『敵が来ているなら寧ろ好都合だろ!その為に我々はここで待ち伏せていたんだぞ!?』 

    みほ『恐らくキルゾーンの場所を相手は分かった上で行動しています、そこにいるのは危険です』 

    河嶋桃『分かってるって、どうして?』 

    角谷杏『とにかく離脱が先みたいだね。小山ぁ』 

    小山柚子『はい!西住さんが言うんだから間違いないよ桃ちゃん!』 

    河嶋桃『まぁそれもそうだな、戦術的退却!』


    60: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:30:39.34 ID:vqFUST3lo

    カレン『こちらナイト、間もなくa7につくわ!』 

    ルルーシュ『敵がいるであろうポイントはメールで添付した地図に記された通りだ。到着し次第そのポイント目がけて砲撃しろ』 

    カレン『ついたわ!』 

    ミレイ『よーし、撃てー!!』 

    ルルーシュ『これで、チェックだ』 


    ドンッ   ドンッ   ドンッ 


    ・・・・・・・・・・・・シーンッ 


    ミレイ『あれ?』 

    ルルーシュ「何故だ、何故白旗判定のアナウンスが流れない」 

    カレン『ちょっとどういう事、敵なんて何処にもいないわよ!』 

    ルルーシュ『そんなはずは・・・』 

    シャーリー「ルル、前からアンコウのイラストが描いてある戦車がこっち来たよ!」 

    ルルーシュ『フン、シャーマン2輌に突っ込んでくるとはいい度胸だ』 

    副隊長『よーし、前方Ⅳ号へ砲撃用意!』


    61: ◆B/3uoJfB4Y 2016/01/14(木) 18:33:31.51 ID:vqFUST3lo

    シャーリー「よーし、私達も撃つぞぉ!」 

    ルルーシュ「・・・いや違う、これは罠だ!」 『撤退だ!直ちに撤退しろ!!』 

    副隊長『え?は、はい!』 

    C.C「どういう事だ、相手は1輌だぞ?」 

    ルルーシュ「あれからちょうど10分だ」 

    C.C「ん?」 


    女子装填手『何で撤退なんでしょうか?相手が西住流とはいえシャーマン2輌なら』 

    副隊長『きっとあれだ!』 

    女子装填手『へ?・・・わっ、いつの間にポルシェティーガが合流してる、しかもさっきまで追いかけてた八九式まで!』 

    ルルーシュ『それだけじゃない』 

    女子装填手『へ?』 

    副隊長『うわ、三突にヘッツァー!!いつの間に』 

    C.C「なるほど、あのまま応戦していたら全車で包囲されていたというわけか」



    【ルルーシュ「戦車道?」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 01:56:12.82 ID:7yXrtDpD0

    リバル「今日も楽勝だったなルルーシュ」 

    ルル「そろそろ貴族相手のチェスも飽きてきたな」 

    リバル「じゃあ他にやりたいことでもあんの?」 

    ルル「いや、特にないが……むっ!?」 

    リバル「どうした…ってうわぁああ!」 

    ヒカル「うわぁっ!」 

    リバル「あ、危ねーじゃねーか!」 

    ヒカル「なんだよ!そっちが急に飛び出してきたんじゃないか!」 

    和谷(お、おい進藤!あいつらブリタニアの学生だぞ) 

    ヒカル(げっ!本当だ…)


    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:00:51.43 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「えっと、ご、ごめんなさい」 

    リバル「わかればいいんだけどさ、気をつけろよ」 

    ルル(ん?あれは…?) 

    和谷(おい、さっさと行こうぜ) 

    ヒカル(う、うん) 

    ルル「君、その手に持ってるものは?」 

    ヒカル「え…?これは碁石だ……です」 

    ルル「碁石……君は囲碁をやるのか?」 

    ヒカル「は、はい…まぁ一応プロなんで…」 

    ルル「へぇ…すごいじゃないか」


    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:09:49.72 ID:7yXrtDpD0

    ルル「囲碁って面白いかな?」 

    ヒカル「そりゃあもちろん!」 

    ルル「そっか、ならやってみようかな…」 

    リバル「おいおいまじかよ」 

    ルル「よかったら君たち教えてもらえないかな?」 

    ヒカル「え…?」 

    和谷(お、おい…) 

    ルル「ダメかな?無理にとは言わないが」 

    ヒカル「いいですよ」 

    和谷(引き受けるのかよ!)


    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:20:39.87 ID:7yXrtDpD0

    ルル「ふーん、18才でプロか…オレと同じ年だな」 

    ヒカル「へぇそうなん……ですか」 

    ルル「敬語じゃなくていいよ、こちらは教わる身だしそれに立場を振りかざして威張るのは好きじゃない」 

    ヒカル「そ、それなら遠慮なく…」 

    ルル「しかしなんで碁石なんて持ってるんだ?チェスを持参してるオレが言うのもなんだが」 

    ヒカル「俺たち路上で囲碁を教えながら稼いでるんだ」 

    ルル「……そうか、大変そうだな」 

    ヒカル「日本が戦争で負けてからプロ棋士も仕事がなくなってさ」 

    ルル「………」


    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:36:31.82 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「そしたらここに黒を置いて…ほら、石が取られちゃうだろ?」 

    ルル「ああ、なるほど…難しいな」 

    ヒカル「でも覚え早いよルルーシュ」 

    ルル「そうか?ありがとう」 

    リヴァル「こいつチェスはすげえ上手いんだぜ、こう見えて頭はいいんだよね」 

    ルル「こう見えては余計だ」 

    ヒカル「ははっ、じゃあ今度はこの死活、黒はどこに打てばいい?」 

    ルル「うーん……ここか?」 

    ヒカル「おお正解!やるじゃん」 

    ルル「よし…やったぞ」 

    リヴァル(ルルーシュの奴楽しそうだな)


    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:45:35.31 ID:7yXrtDpD0

    ルル「今日はありがとう、楽しかったよ」 

    ヒカル「そう?よかったらこれから囲碁はじめてよ」 

    ルル「そうだな、あとこれ少ないけど」 

    ヒカル「いいって金なんて、俺たちもう友達だろ」 

    ルル(友達か…そうだな…) 

    リヴァル「いいからもらっとけよ、こいつんちけっこう裕福だしさ」 

    ヒカル「けど…」 

    ルル「いや、受け取ってくれ、友達でもプロなんだから対価はいただいても罰はあたらないだろ?」 

    ヒカル「そっか、じゃあもらっとくよ」 

    ルル「またな、ヒカル、和谷」 

    ヒカル「おう、またな!」


    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:50:46.48 ID:7yXrtDpD0

    ルル(ここで石をつなげると…)パチ 

    シャーリー(会長、ルル一人でなにやってるんですか?) 

    会長(囲碁よ、なんかハマってるみたい) 

    シャーリー(へぇ…) 

    ルル(よし、次はコウの問題だ) 

    シャーリー(熱中してる…私もやってみようかな…?) 

    ルル(うん、これはコウだな…)


    23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 02:57:52.60 ID:7yXrtDpD0

    和谷「じゃあ次の問題、相手の石を分断するにはどうしたらいい?」 

    客「うーん、ここ?」 

    和谷「惜しい、その上なんだな」 

    客「あーそっちか…」 

    ヒカル(今日はお客がいっぱいだな) 

    和谷(ああ、いい稼ぎになりそうだ) 

    ブリタニア人「なんだお前ら?ここでなにしてる?」 

    ヒカル「あ、えっと、囲碁教室です…」 

    ブリタニア人「イレブン風情が誰に許可もらって勝手に商売してんだ!」 

    ヒカル「な、なんだよ!いいじゃねーか!オレ達はプロなんだ!」 

    和谷「ば、ばかっ!ブリタニアの人に逆らうな!」


    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 03:06:20.69 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「ちくしょう!あのブリキ野郎っ!今度あったらボコボコにしてやる!」 

    和谷「既にオレ達がボコボコだけどな…」 

    ヒカル「クソっ…けど指だけはなんとか無事だったな」 

    和谷「なぁ進藤…やっぱり日本に残るのか?」 

    ヒカル「またそれか」 

    和谷「中華連邦に亡命しようぜ…塔矢だって向こうにいるし」 

    ヒカル「やだね、オレは日本で碁を広めるんだ」 

    和谷「そうか…」


    30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 03:29:37.82 ID:7yXrtDpD0

    ルル(たしかこの辺にいるって言ってたが…) 

    ヒカル「そしたらこう打つ」 

    客「なるほど~」 

    ルル「いた!おーいヒカル!」 

    ヒカル「あっ、ルルーシュ!久しぶりだな」 

    ルル「そうだな、それよりオレと対局してくれないか?大分強くなったと思う」 

    ヒカル「ああ、いいぜ!やろうやろう」 

    ルル「じゃあオレがニギるか」


    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 03:41:37.09 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル(へぇ確かにいうだけあって強くなったな…)パチ 

    ルル(くそっ!こうも簡単に中央に入られるとは)パチ 

    ヒカル(その手は失着だ) 

    ルル(しまった…ここを荒らされると一気に地合いが足りなくなる!) 

    ヒカル(もう形勢は決まったな) 

    ルル(探せ!探すんだ!挽回できるところを!)パチ! 

    ヒカル(一手ヨセられた?) 

    ルル(まだだ、まだ足りない…)


    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 03:47:33.43 ID:7yXrtDpD0

    ルル「ありません…」 

    ヒカル「ありがとうございました」 

    ルル「ふ~……そうそう簡単には勝てないか…」 

    ヒカル「当たり前だ、けどすげーよルルーシュ」 

    ルル「ん?」 

    ヒカル「こんな短期間で強くなるなんてすごい才能だぜ」 

    ルル「そ、そうかな?」 

    ヒカル「ああ、途中ヒヤッとするような手を打たれた」 

    ルル「ははっ、オレも捨てたもんじゃないだろ」


    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 03:53:26.70 ID:7yXrtDpD0

    ルル(もっとヒカルと碁が打ちたいが…その度にここに来るというのもな…) 

    ヒカル「ここの守った手を隅に置いて…形勢がxxxxx黒がxxxxx」 

    ルル(そもそもヒカル達がいつまでここに居るかわからないな) 

    ヒカル「打ちにくいxxxxxx眼形がxxxxx守りにxxxxxxx」 

    ルル(なにかいい手はないだろうか……?) 

    ヒカル「ルルーシュ、聞いてるか?」 

    ルル「え?あ、ああ…聞いてるとも」 

    ヒカル「ここの死活がxxxxx」 

    ルル(ん?待てよ…これならイケるんじゃないか?)


    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 03:58:37.78 ID:7yXrtDpD0

    ルル「なぁヒカル、黒の騎士団って知ってるか?」 

    ヒカル「ん?ああ、あの正義の味方ってやつ?」 

    ルル「そのリーダーであるゼロが大の囲碁好きらしいんだ」 

    ヒカル「へえ~~、じゃあ黒の騎士団って名前も…」 

    ルル「ああ、実は囲碁から来てるそうだ」 

    ヒカル「そっか~、じゃあ黒の騎士団ってやっぱりいいやつ等なんだな」 

    ルル「なぜ?」 

    ヒカル「囲碁好きに悪いやつはいねーよ(御器曽除く) 

    ルル「そ、そうだな、それで話のつづきなんだが」 

    ヒカル「ああ、うん?」


    38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 04:07:30.44 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「ええ~~?オレに黒の騎士団に入れって~!?」 

    ルル「あそこなら日本人がほとんどだし生活も保障される」 

    ヒカル「やだよ、俺戦闘なんてできねーもん」 

    ルル「それは大丈夫じゃないか?ゼロの囲碁の相手をするだけで」 

    ヒカル「さすがにダメだろー、絶対俺も戦うハメになるって」 

    ルル「ならない、絶対にならないから」 

    ヒカル「なんでそういいきれるんだよ」 

    ルル「いや…なんとなく…」 

    ヒカル「そもそもどうやって会うんだよ…」 

    ルル「それは心配ない、今からいう場所に行ってみてくれ…」キュィィィン 

    ヒカル「わかった、行ってくる」


    42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 04:12:36.88 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「あれ?俺なんでここに来たんだっけ?」 

    ゼロ「誰だ?」 

    ヒカル「え?だ、誰って…えっと進藤ヒカルっていいます」 

    ゼロ「ここになにしに来た?君はなにものだ?」 

    ヒカル「えっと、ただなんとなく歩いてきて…俺はプロ棋士で…」 

    ゼロ「棋士だと?囲碁か?」 

    ヒカル「え、ええ…そうですけど…ってああ!ゼロだ!」 

    ゼロ「そう、私はゼロ!進藤ヒカル、私と囲碁を打ってくれないか?」 

    ヒカル「えっ!?やっぱり囲碁好きなんだ…?」


    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 04:25:31.85 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「それって俺が黒の騎士団に入るってこと?」 

    ゼロ「そうだ」 

    ヒカル「だったら無理だよ、俺戦えないし」 

    ゼロ「心配いらない君は戦わなくていい」 

    ヒカル「マジで?けどやっぱり無理かなぁ…」 

    ゼロ「なぜだ?」 

    ヒカル「俺は大勢の人に囲碁の面白さを伝えたい」 

    ゼロ「な、ならば黒の騎士団にでも…」 

    ヒカル「いや…みんなそんなにはやらないと思う」 

    ゼロ「そ、そうか…」


    45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 04:30:04.29 ID:7yXrtDpD0

    ゼロ「では今この場で私と一局だけ打ってくれ」 

    ヒカル「まぁそれくらいなら…」 

    ゼロ「でははじめよう」 

    ヒカル「お願いします」 

    ゼロ「お願いします」


    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 04:38:25.39 ID:7yXrtDpD0

    ゼロ(この手は強引すぎたか…) 

    ヒカル(石が浮いた、白石を裂いていけば) 

    ゼロ(盤面ではこちらが不利) 

    ヒカル(ここで右辺の白を荒らす!) 

    ゼロ(くっ…やはり敵わないか…) 

    ヒカル(もうすぐヨセだ) 

    ゼロ「ありません…」 

    ヒカル「ありがとうございました」


    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 04:45:45.58 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「あのさ…」 

    ゼロ「ん?」 

    ヒカル「いいぜ、黒の騎士団に入っても」 

    ゼロ「なぜ突然?」 

    ヒカル「だって友達の頼みだしな」 

    ゼロ(なっ!?まさか…意図的に打ち方を変えたはずなのに) 

    ヒカル「わざと違う打ち方してもわかるよ」 

    ルル「ふ~っ…完敗だな」 

    ヒカル「はははっ、けどやっぱりルルーシュは才能あるって」


    50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 05:05:43.03 ID:7yXrtDpD0

    ヒカル「けどずっとはナシな」 

    ルル「ああ、それでもいいあとこのことは…」 

    ヒカル「もちろん秘密にする、和谷にも言わねえ」 

    ルル「助かるよ」 

    ヒカル「あとプロだからな、金も取るぜ」 

    ルル「わかった、十分な謝礼を支払うよ」 


    2ヶ月後、ヒカルが黒の騎士団を脱退 
    間もなくブラックリベリオンが起こり黒の騎士団は敗北 
    ルルーシュは記憶を失うことになる


    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 05:12:49.57 ID:7yXrtDpD0

    ルル(ん?なにか落ちてるな…) 

    ロロ「兄さんどうしたの?」 

    ルル「碁石が落ちてた、ロロお前のか?」 

    ロロ「ボクのじゃないよ囲碁なんてやったことないし」 

    ルル「そうかじゃあ咲世子さんのかもな」 

    ロロ「きっとそうだよ」 

    ルル「けどなんだろう…碁石を持ってたらなんか楽しい気持ちになってきた」 

    ロロ「そうなの?変なこというね兄さん」 

    ルル「そうだな…けどこんな楽しい気分は久しぶりだ」 

    ロロ「兄さんが楽しいならそれでいいけど…」 

    ルル「囲碁でもはじめてみるか」 


    ルルーシュ「囲碁でもはじめてみるか」 

       おわり

    元スレ:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380560172/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:00:36.442 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「早くない」 

    ルルーシュ「いや、時期尚早だ」 

    C.C.「そんなことはない。朝晩はかなり冷え込むようになってきた」 

    ルルーシュ「朝晩だけ、だろう?」 

    C.C.「ルルーシュ、まさかお前がそこまで分からず屋だとは思わなかった」 

    ルルーシュ「俺もお前がそこまで浅慮だとは思わなかったぞ、C.C.」


    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:02:14.961 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「こんなに思慮深い私を捕まえて何を言う」 

    ルルーシュ「ほう?これは驚きだ。思慮深い奴が、よもや10月にコタツを出そうなどとほざくとはな」 

    C.C.「ふっ。ルルーシュ、お前は勘違いをしているぞ」 

    ルルーシュ「……なに?」 

    C.C.「私がコタツを出そうと提案したのは、何も私利私欲を満たす為ではない、ということだ」 

    ルルーシュ「なんだと?」


    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:04:01.598 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ふふっ。その反応を見る限り、やはりお前は大きな勘違いをしていたようだな」 

    ルルーシュ「何を馬鹿な。この俺が読み間違えるなど、ありえない」 

    C.C.「やれやれ。頭でっかちの童貞坊やはこれだから……」 

    ルルーシュ「随分な物言いじゃないか。そこまで大口を叩くならば、それ相応の理由とやらがあるんだろうな?」 

    C.C.「ああ、聞きたいか?」 

    ルルーシュ「ふん。言ってみろ」


    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:06:03.485 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「いいだろう。先ほども話題に上ったが、最近朝晩がめっきり冷えるだろう?」 

    ルルーシュ「ああ。それがどうした?」 

    C.C.「朝晩が冷え込むことで……お前が風邪でも引かないか心配なんだ」 

    ルルーシュ「俺が……風邪を?」 

    C.C.「そう、私はお前が風邪を引かないか心配でたまらない。だから、少し早くてもコタツを出すべきだと、そう提案をしたんだよ」 

    ルルーシュ「C.C.…お前……」


    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:08:01.952 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ふふっ。感動のあまり言葉にならないか」 

    ルルーシュ「確かに、言葉にならないな。……お前のあまりの馬鹿さ加減に、な」 

    C.C.「……へ?」 

    ルルーシュ「フハハッ!まったく、何を言うかと思えば…俺が風邪を引かないか心配、だと?寝言は寝て言えっ!C.C.!!」 

    C.C.「な、何故だ!?お前は最近、朝起きると寒そうにしていただろう!?私はそんなお前が見てられなくて……」 

    ルルーシュ「確かに俺はここのところ非常に寒い思いをして寝起きしている。……それは事実だ」


    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:10:01.533 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「だ、だったら!」 

    ルルーシュ「しかし!それは全て……お前のせいなんだよ、C.C.」 

    C.C.「わ、私の…せい?」 

    ルルーシュ「ああ、そうだとも。自分の胸に手を置いて、よく思い返してみろ」 

    C.C.「……駄目だ。私の胸の柔らかさしか伝わってこない」 

    ルルーシュ「ふむ。どれどれ?」スッ 

    C.C.「こ、こらっ!なに自然に胸を触ろうとしているんだお前はっ!?」バシッ


    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:12:01.557 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「ふん。けち臭いぞ、C.C.」 

    C.C.「がっつき過ぎだ、ルルーシュ。……それより、私のせいとはどういうことなんだ?」 

    ルルーシュ「どうもこうもない。お前の寝相が悪すぎるんだよ」 

    C.C.「私の……寝相?」 

    ルルーシュ「ああ、そうだ」 

    C.C.「ふっ。そんな訳ないだろう?騙されないぞルルーシュ!!なにせ、私は寝相がとても良い。寝る前と寝た後で、少しも動いた形跡がないほどにな」


    14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:14:01.805 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「確かに、最終的には元の位置に戻っている。寸分違わずに、な。……しかし、それまでの過程が問題なんだよ」 

    C.C.「それまでの、過程?」 

    ルルーシュ「ああ。お前は寝入るとまず、左右に寝返りを繰り返す」 

    C.C.「ね、寝返りなんて、誰でもするだろう…?」 

    ルルーシュ「お前の場合は頻度が多すぎるんだよ。そして何度も寝返りを繰り返したお前は、活動可能範囲を把握し、ベッドの上を縦横無尽に転がり回る」 

    C.C.「そ、そんな馬鹿な……冗談だろう?」


    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:16:04.084 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「冗談ではない。縦横無尽に転がり回ったお前は、更にテリトリーを広げるべく、ありとあらゆる物をベッドから落としていく」 

    C.C.「ありとあらゆる物、だと?」 

    ルルーシュ「ああ。枕も布団も……そして、隣に寝ている俺のことも、な」 

    C.C.「し、信じられない……」 

    ルルーシュ「しかし、それが真実だ。お前に追い落とされた俺はその衝撃で目を覚まし、しばし悶絶したのち、枕や布団を拾い、それを元に戻し、再び眠ろうと努力する。だが……」 

    C.C.「だが?」 

    ルルーシュ「すぐにまた追い落とされる。お前の手によってな」


    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:18:23.294 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「な、なら!他のベッドかソファーで寝ればいいんじゃ……」 

    ルルーシュ「そう思ってソファーで寝ることにした俺は、また衝撃で目を覚ました。一体何事かと視線を巡らせると、ソファーの上にはお前が寝ていた」 

    C.C.「ま、まさか。……きっと偶然だろう?」 

    ルルーシュ「その後、再びベッドに戻った俺は三度衝撃で目覚めることとなる。もちろん、ベッドの上にはお前がいた」 

    C.C.「そ、そんな……」 

    ルルーシュ「俺だって信じたくない。もしかしたらコイツは起きていて、俺に嫌がらせをしているのだろうかと思い、覗き込むと、そこには幸せそうな寝顔があるだけだった。 
    その寝顔を見ると、起こすのが可哀想になり、仕方なく俺は朝までお前の寝相と格闘する羽目になるというわけだ」 

    C.C.「……それは気の毒だった。遺憾の意を表明しておこう。……しかし、その話が朝晩の冷え込みとどう関係してくるんだ?」


    18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:20:46.918 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「だからっ!!俺が毎朝寒い思いをしているのは、ひとえに寝相の悪いお前がベッドから俺を冷たい床へと追い落とすせいだと言ってるんだよ!!」 

    C.C.「なるほどな。しかしルルーシュ、その問題の解決策は、存外簡単なことだと思うぞ?」 

    ルルーシュ「ほう?では、その簡単な解決策とやらを聞かせて貰おうじゃないか」 

    C.C.「そんなに勿体ぶるつもりはない。ただ単に、ベッドの上を縦横無尽に転がる私を、ぎゅっと優しく抱きしめてやればいいだけだ」 

    ルルーシュ「それで、止まると?」 

    C.C.「ああ。お前の話を聞く限り、寝ている私はお前を探してベッドを転がっているようだ。その証拠に、お前がソファーに移動した際について来ただろう?」


    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:22:04.974 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「……ふん。傍迷惑な話だ」 

    C.C.「迷惑と言いながら、朝には寸分違わぬ位置にちゃんと私を寝かしつけてくれる辺り、満更でもないのだろう?」 

    ルルーシュ「自分の都合の良いように解釈するな。……わかった。これからはお前の案を採用しよう」 

    C.C.「ふふっ。素直じゃないな」 

    ルルーシュ「黙れ。……ところで、この案件が解決しなことで、ますますコタツを出す必要性がなくなった訳だが?」 

    C.C.「そ、そんなことはないっ!!懸案事項がなくなった今こそ、コタツの重要性が……」 

    ルルーシュ「ない」 

    C.C.「ルルーシュ!?」


    22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:24:04.099 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「はぁ……C.C.、少しは素直なったらどうだ?」 

    C.C.「す、素直に…?」 

    ルルーシュ「ああ。コタツの必要性の根拠を俺に押し付けるのはやめて、自分がぬくぬくしたいからコタツを出して下さいと、素直に頭を下げろ」 

    C.C.「……そんな屈辱、この私が受け入れるとでも?」 

    ルルーシュ「なら、この話はなしだ」 

    C.C.「ルルーシュ!?お願いっ!!お願いだからコタツ出してよぉっ!!!!」


    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:26:01.724 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「ふん。最初からそう言え」 

    C.C.「……悪魔め」 

    ルルーシュ「魔女のお前には言われたくないな。では、俺はコタツを持ってくる。大人しく待ってるんだぞ?」 

    C.C.「……子供扱いするな」 

    ルルーシュ「まったく、そのプライドだけは見上げたものだ」 

    C.C.「……いいから、さっさと行け」 

    ルルーシュ「ああ、わかったよ」 

    バタンッ


    25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:28:01.252 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「…………きゃっほーい!!コタツ!コタツ!ふふっ。ルルーシュは本当に甘ちゃんだなぁ!チョロい!!チョロ過ぎるぞルルーs」 

    ガチャッ 

    ルルーシュ「……誰がチョロいって?」 

    C.C.「!?」 

    ルルーシュ「フハハッ!チョロいのはお前だ!!C.C.!!」 

    C.C.「は、謀ったなルルーシュ!?」 

    ルルーシュ「はて、なんのことだぁ?俺はお前に言いそびれたことがあっただけだ」 

    C.C.「い、言いそびれたこと……?」


    27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:30:02.527 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「ああ、コタツを設置する際はちゃんと手伝えと、念を押しておこうと思ってな」 

    C.C.「な、なんで私がそんな面倒くさいこと……」 

    ルルーシュ「おやぁ?『きゃほーい!』と奇声を上げていたのはどこのどいつだったかな?」 

    C.C.「わかった!!わかったからそのことは忘れてくれっ!!」 

    ルルーシュ「フハッ!それはお前の働き次第だ。せいぜい俺を落胆させないことだなぁ。……それじゃあ、今度こそ、大人しく待っていろよ」 

    バタンッ 

    C.C.「……な、なんて奴だ。覚えていろよ、ルルーシュめ」プルプルプル


    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:32:03.309 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「待たせたな」 

    C.C.「ああ、待ちくたびれたぞ」ムスッ 

    ルルーシュ「辛抱のない奴め。ほら、そっちを持て」 

    C.C.「仕方ないな。約束は守ろう」ヒョイッ 

    ルルーシュ「そうしたら後はコタツ布団を敷いて……よし。そのままゆっくり天板を下ろせ」 

    C.C.「こうか?」ドサッ 

    ルルーシュ「ぐがぁっ!?ゆ、指が挟まった!!ゆっくり下ろせと言っただろう!?」


    30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:34:02.416 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ふっ。鈍臭いお前が悪い」 

    ルルーシュ「……魔女め!!」ギリッ 

    C.C.「これで先ほどの屈辱はチャラにしてやる。感謝して欲しいくらいだ」 

    ルルーシュ「誰が感謝など……」 

    C.C.「そんなことよりルルーシュ。さっさとコタツの電源を入れろ」 

    ルルーシュ「C.C.…お前、もう少し思いやりというものをだな……」 

    C.C.「いいから早くっ!」ウズウズ


    31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:36:02.448 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「はぁ……わかった。わかったよ。ほら、これで満足か?」パチンッ 

    C.C.「うむ。苦しゅうない」ニッコリ 

    ルルーシュ「一体何様なんだ、お前は。……まぁ、いい。……ミカンでも食うか?」 

    C.C.「いや、雪見だいふくが食べたい」 

    ルルーシュ「雪見、だいふく……だと?」 

    C.C.「ああ、レンジで20秒ほどチンしてから持って来てくれ」


    33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:38:01.381 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「む?……なぜ、アイスをチンする必要があるんだ?」 

    C.C.「そのほうが美味しいからだ。雪見だいふくのチンは、美味い。……ルルーシュ、お前のチンよりも遥かに、な」 

    ルルーシュ「……世迷言を言うな。俺のチンの方が美味いに決まっている」 

    C.C.「そこまで言うのならば、試しにお前のチンをチンしてみるか?」 

    ルルーシュ「こ、怖いことを言うなっ!?……わかった。チンした雪見だいふくを持って来てやる」 

    C.C.「ふふっ。最初から素直にそうしろ」


    34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:40:01.786 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「……持ってきたぞ」 

    C.C.「ああ、おかえり」ヌギヌギ 

    ルルーシュ「ただいま……って、お前……何をしているんだ?」 

    C.C.「ん?見ればわかるだろう?スボンを脱いでいるんだよ」 

    ルルーシュ「何故?」 

    C.C.「そのほうがコタツに入った時に気持ちいいからだ」


    36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:42:01.617 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「ふむ。そうなのか?」 

    C.C.「ああ、間違いない。ルルーシュ、お前も試してみたらどうだ?」 

    ルルーシュ「そうだな。ここはひとつ、騙されたと思ってやってみるか」ボロンッ 

    C.C.「……ルルーシュ」 

    ルルーシュ「なんだ?」 

    C.C.「下着は穿いたままにしておけ」


    37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:44:02.917 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「ああ!これは……フハッ!俺としたことが、うっかりしていた」 

    C.C.「私はお前が指名手配にならないか心配だよ……」 

    ルルーシュ「何を言っている。俺はとっくにお尋ね者だ。C.C.…お前と出会ったその日から、な」 

    C.C.「ふふっ。……そうだったな」 

    ルルーシュ「俺達は共犯者。そうだろう?」 

    C.C.「ああ。病める時も、健やかなる時も、な」


    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:46:03.218 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「……ふん。それはそうと、確かに下半身を露出させてコタツに入るのは格別だな」 

    C.C.「だろう?そしてこの体勢でお前がチンしてくれた雪見だいふくを、ほうばる」パクッ 

    ルルーシュ「……どうだ?」 

    C.C.「んおいちぃ~♡」 

    ルルーシュ「そ、そこまで美味いのか……?」 

    C.C.「ああ、まさに至高の一品だ。幸いなことに雪見だいふくはもう一つある。ルルーシュ、お前も食べてみろ」


    39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:48:01.406 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「ふむ。では、遠慮なく」パクッ 

    C.C.「どうだ?どうだ?」 

    ルルーシュ「……なるほどな。中のアイスが溶けかけていることで、だいふくの柔らかさが際立つというわけか……確かに、これは美味だ」モグモグ 

    C.C.「そうだろう!?もっとも、雪見だいふくの外側はだいふくと言いつつ餅ではなく、求肥を使っているので、冷たいままでも硬くはならないのだが、チンすることで更に柔らかくなるというわけだ!!」 

    ルルーシュ「あ、ああ…なるほど。その薀蓄はともかく、本当に柔らかいな。……まるでお前の耳たぶのようだ」 

    C.C.「……えっ?」


    40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:50:01.791 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「む?どうした?」モグモグ 

    C.C.「どうした、ではない。何故お前は私の耳たぶの柔らかさを知ってるんだ?」 

    ルルーシュ「お前の寝相と格闘している最中に、ちょっとな」 

    C.C.「はぐらかすな。ルルーシュ……お前、寝ている私に何をしてるんだ?」 

    ルルーシュ「……別に、何もしていない」 

    C.C.「まったく、劣情に支配されるとは……童貞はこれだから困るんだ」


    42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:52:02.829 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「だから、何もしていないと言ってるだろう!?」 

    C.C.「ルルーシュ、今なら許してやる。正直に洗いざらい白状しろ」 

    ルルーシュ「……俺は無実だ」 

    C.C.「ふぅ……わかったよ。そっちがその気なら、こちらにも考えがある」 

    ルルーシュ「……な、何をするつもりだ…?」 

    C.C.「こうするのさっ!それっ!」スリスリ 

    ルルーシュ「や、やめろ!?素足で俺の足をスリスリするな!!」


    43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:54:10.946 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ほらほらルルーシュ、お前は私に、一体どんな不埒な真似をしたんだ?」スリスリ 

    ルルーシュ「ふ、不埒なのはお前だろう!?」 

    C.C.「失礼な。私は健全だよ。ただコタツの中で足をスリスリしているだけだ」 

    ルルーシュ「くっ……こんなことが健全であってたまるかっ!!」 

    C.C.「ふふっ。ルルーシュの足はスベスベだな。きちんとすね毛を処理しているとは感心感心……ん?」 

    ルルーシュ「なんだ、どうした?」 

    C.C.「なんだとはこっちの台詞だ!!これは一体どういうことなんだっ!!ルルーシュ!!」


    45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:56:04.888 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「な、なんのことだ…?」 

    C.C.「しらばっくれるなっ!!どうして靴下を脱いでないんだ!!」 

    ルルーシュ「靴下……だと?」 

    C.C.「スボンは脱いだくせに、靴下を脱がないとは……愚かしさもここに極まったな、ルルーシュ」 

    ルルーシュ「ええい!何故靴下如きでそこまで言われなくてはならないんだっ!!」 

    C.C.「いいから脱げ。さっさと、とっとと、速やかに、脱げ」 

    ルルーシュ「断るっ!!」


    46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 21:58:02.046 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「……わかった。だったら私が脱がしてやる」モゾモゾ 

    ルルーシュ「ま、待て、C.C.!!」 

    C.C.「ジタバタするなっ!!ここを…こうして……ふふっ!どうだ!!」スポンッ 

    ルルーシュ「あ、足で人の靴下を脱がせるとは……なんて無駄な特技を」 

    C.C.「褒め言葉として受け取っておこう。さて、邪魔な靴下がなくなったところで、改めてスリスリを……」 

    ルルーシュ「させるか。C.C.……そろそろ風呂の時間だ。さっさと入ってこい」


    47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:00:02.263 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「嫌だっ!!私はこのコタツから一歩も出たくないんだっ!!」 

    ルルーシュ「……お前はコタツと一生添い遂げるつもりか?」 

    C.C.「ああ、そのつもりだ」 

    ルルーシュ「……馬鹿なことを言ってないでさっさと出ろ」 

    C.C.「ふふっ。なんだ、ルルーシュ。もしや、コタツに対してジェラシーか?」 

    ルルーシュ「C.C.……俺を怒らせるな」


    48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:02:04.497 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「お前如きを怒らせたところで、どうということもない。なにせお前は甘ちゃんだからな」 

    ルルーシュ「付け上がるな。……いいだろう。後悔させてやる」 

    C.C.「な、何をするつもりだ…?」ゴクリ 

    ルルーシュ「こうするんだよ……ふんっ」ブボッ 

    C.C.「きゃあっ!?」 

    ルルーシュ「フハッ!!」


    49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:04:01.988 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ゲホッ!!ゲホッ!!ゲホッ!!」 

    ルルーシュ「フハハハハハハハッ!!!!」 

    C.C.「けほっ…ル、ルルーシュ!!」 

    ルルーシュ「んん?どぉしたぁ?」 

    C.C.「コ、コタツで屁をするなっ!!」 

    ルルーシュ「お前がさっさと風呂に入りさえすれば、俺だってこんな非人道的な兵器の使用に踏み切ることはなかった。全てお前の身から出た錆……いや、俺の尻から出た屁、とでも言っておこうか」


    50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:06:03.480 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ふざけるなっ!!」 

    ルルーシュ「俺は至って真面目だ。ほら、これに懲りたらさっさと風呂に入れ」 

    C.C.「こんなことでこの私が屈するとでも?」 

    ルルーシュ「おやぁ?まだ口答えをするつもりかぁ?ならば、次は本命のうんぴっぴを……」 

    C.C.「うんこをかれぴっぴみたいに言うな。……ふんっ。やれるものならやってみろ」 

    ルルーシュ「強情だな。もしかしたら弾みで下痢ぴっぴになるやもしれんが、構わないか?」 

    C.C.「わかったっ!!わかったよ!!風呂に入ればいいんだろ!?すぐに入るからやめてっ!!」 

    ルルーシュ「ふん。最初からそうしろ。明日はミレイ会長の卒業イベントだ。……このイベントに乗じて学園内の女関係を清算しておきたい。その為に、俺は念入りに身体を洗っておく必要があるのだ。だから、早く入って風呂を空け渡せ」


    51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:08:04.287 ID:pPR60sZV0.net

    C.C.「ルルーシュ、お前まさか……この機会に脱童貞を図ろうとしているのか?」 

    ルルーシュ「ああ。あわよくば、な」 

    C.C.「……せいぜい念入りに身体を洗っておけ。無駄な足掻きだとは思うがな」 

    ルルーシュ「チッ。……いいからさっさと入ってこい」 

    C.C.「わかったよ。……ただ、風呂に入る前に、お前に一つ頼みがある」 

    ルルーシュ「なんだ?」 

    C.C.「風呂から上がったら、またチンした雪見だいふくが食べたい」


    52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/14(金) 22:10:30.234 ID:pPR60sZV0.net

    ルルーシュ「この俺にまたチンして来いと?」 

    C.C.「ああ、頼む」 

    ルルーシュ「……検討しておこう」 

    C.C.「ふふっ。お前が優しいかれぴっぴで良かったよ」 

    ルルーシュ「待て、いつから俺がお前のかれぴっぴになったんだ?」 

    C.C.「出会ったその瞬間から、さ。……それでは、ルルーシュ。いい子にして待ってるんだぞ?」 


    バタンッ 


    ルルーシュ「くそっ……勝手な女だ。本当に」 

    ルルーシュ「…………雪見だいふくの買い置き、まだあっただろうか?」 


    次回、コードギアス 反逆のルルーシュ R2 

    TURN.12 『ラブ アタック!』 


    FIN


    元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476446436/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 22:32:06.32 ID:4ybVOHrA0

    ルル「何?見て分からないのか?仮面ライダーの変身ポーズだ」キリッ 

    C.C「仮面ライダー?何だそれは?」 

    ルル「なっ……お前は仮面ライダーも知らないのか!」 

    C.C「知らないね、まず興味もない」


    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 22:42:25.36 ID:4ybVOHrA0

    ルル「知らないのか…ならば教えてやろう!」シュバッ 

    C.C「おい待て、私は頼んでもいないぞ」 

    ルル「仮面ライダーというのは1970年頃から日本で放送されていた特撮番組だ」 

    C.C「聞いちゃいないな………」 

    ルル「主な話の流れとしては怪人が街で暴れてそれを正義のヒーローである仮面ライダーが止めるという感じだな」 

    C.C「で、お前がさっきしていたのは何なんだ?」 

    ルル「ん?あぁ、これは仮面ライダーが人間から変身するときに取るポーズなんだよ」 

    C.C「そんな派手に動かないと変身できないのか」 

    ルル「まぁ、それはお約束みたいなものだからな」


    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 22:51:03.04 ID:4ybVOHrA0

    C.C「さっき日本の特撮番組だと言っていたがお前はいつからそんな番組を見ていたんだ?」 

    ルル「お前はすぐに話題が変わるな…」 

    C.C「私はC.Cだからな」 

    ルル「ハァ……まぁいい、俺がいつから仮面ライダーを見ていたのかと聞いていたな、確か枢木神社に預けられていたときにスザクが見ていたのが始まりだったな」 

    ルル「最初はただの特撮とバカにしていたんだが、見ている内にハマってしまってな、今でも視聴を続けている」 

    C.C「お前がハマっている割りには世間での認知度は低いようだが?」


    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 22:57:34.81 ID:4ybVOHrA0

    ルル「仮面ライダーがマイナーだと?何を根拠にそう言っているんだ」 

    C.C「匿名掲示板にスレを立てたら、は?知らねとか言われたぞ」 

    ルル「それはあくまで匿名掲示板での話だ、実際はもっと人気に決まっている」 

    C.C「なら明日にでも生徒会で聞いてみたらいいんじゃないのか?」 

    ルル「お前に言われなくてもそうするよ」


    9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:04:55.94 ID:wsn8BfT70

    翌日アッシュフォード学園生徒会 

    ルル「なぁ、リヴァル仮面ライダーって知ってるよな?」 

    リヴァル「ルルーシュ、俺はそんなの聞いたこともないぜ?」 

    ルル(馬鹿な…そんなはずは……) 

    ジノ「ランペルージュ卿、何の話をしているんですか?」 

    ルル「仮面ライダーの話をちょっとな」 

    ジノ「仮面ライダー?何ですか、それは?」 

    ルル(ジノも知らないだと……流石に一人くらい知っている奴はいるだろ……) 
    ルル「アーニャ!お前は仮面ライダーを知っているよな?」 

    アーニャ「記憶にない」 

    ルル「なっ……会長は?」 

    ミレイ「私もないわねぇ」 

    シャーリー「私も知らないよ」 

    ルル(バカな…バカなぁぁぁぁぁ!!!)


    10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:14:42.97 ID:4ybVOHrA0

    同日 斑鳩艦内にて 

    ルル「」ズーン 

    C.C「現実を思い知った顔をしてるな」 

    ルル「何故だ…何故誰も仮面ライダーを知らないッ!!」 

    C.C「それはだな、ルルーシュ、ブリタニアの日本侵略のせいでその番組はもうケーブルテレビくらいでしかやってないからだ」 

    ルル「おのれシュナイゼルゥゥゥゥ!」 

    C.C「で、どうする?お前もこのままでは引き下がってられないだろう?」 

    ルル「あぁ…嘆いている時間は無い……」 

    ルル「ジェレミア!今すぐ会議を開くぞ!黒の騎士団幹部を全員集めろ!」 

    ジェレミア「かしこまりました!ルルーシュ様!」ドドドド


    11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:25:26.97 ID:4ybVOHrA0

    ゼロ「全員集まったか…よし、これより黒の会議を開始する!!」 

    一同(ダサいな…) 

    ディートハルト「ゼ、ゼロ!今日の議題は何でしょうか?」 

    ゼロ「よくぞ聞いてくれたディートハルト、唐突だがお前たちは仮面ライダーを知っているか?」 

    玉城「おう!もちろん知っているぜ!ガキの頃よく真似してたぜ!」 

    扇「俺はウルトラマン派だったなぁ…」 

    ディートハルト「私は知りません、アベンジャーズの一員ですか?」 

    朝比奈「僕もよく見ていたよ、電光超人だっけ?」 

    ゼロ「それはグリッドマンだ!二度と間違えるな!」 

    朝比奈「あれ?そうでしたっけ?」 

    ラクシャータ「ハヌマーンと一緒に闘ってたりもしてたわね」 

    カレン「私はお兄ちゃんと一緒に見ていたなぁ…」 

    藤堂「………」


    14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:35:51.50 ID:4ybVOHrA0

    ゼロ「ブリタニア人であったディートハルトは仕方ないが、各々仮面ライダーに対して何かしらの思い出はあるだろう」 

    ゼロ「しかしッ!私の独自のデータには今のブリタニア人や日本人の若年層は仮面ライダーをほぼ知らないと書いてある!これは由々しき事態だ!」 

    藤堂「………」ピクッ 

    ゼロ「よって、我々黒の騎士団は全力で仮面ライダーを世界に広めようと思う!」 

    玉城「でもよー、ゼロー、そんな事言ったってどうやって広めるんだよー」 

    ディートハルト「一度廃れてしまったコンテンツを再興させるのは難しいですしね」 

    カレン「いくら私たちでもこれは無理かも……」 

    ザワザワ ガヤガヤ 

    ゼロ(説得が出来なそうな方向に行っているな……)


    15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:55:33.34 ID:wsn8BfT70

    藤堂「俺達で仮面ライダーを作ったらいいんじゃないか?」 

    朝比奈「藤堂さん、それはどういうことですか?」 

    藤堂「仮面ライダーを世間に広めるためには何かしら話題が必要だ、そのために黒の騎士団で仮面ライダーを作ることにより話題にもなり認知度を向上させることができる」 

    ゼロ(ここで奇跡を起こすか…流石だ、藤堂!) 

    ラクシャータ「私の記憶によると変身するときに一瞬でスーツを着ているんだけど、これって科学的に不可能よぉ?」 

    藤堂「その点ならば心配無い、G3という仮面ライダーは最初から装甲を着けるタイプの仮面ライダーだ、それを参考にするといい、変身を諦める必要が出てくるがな」 

    ゼロ「出来そうか?ラクシャータ?」 

    ラクシャータ「それなら可能ね、機動力とか防御力や武器はこっちに任しといて」


    21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 18:46:54.40 ID:numtvd/T0

    ゼロ「この件はお前に任していいか?藤堂」 

    藤堂「無論、やるからには全力を尽くそう」 

    藤堂「それでは各担当のメンバーを発表する!まずスーツ作成はラクシャータ!」 

    ラクシャータ「ちょっと本気出すわよぉ」 

    藤堂「ディートハルトには放送できる環境を整えてもらおう」 

    ディートハルト「ちょっと待ってください、藤堂さん放送ということは番組にするんですか?」 

    藤堂「仮面ライダーを作るというからには番組も作られねばならないだろう」 

    ディートハルト「そういうことなら承りました」 

    藤堂「次に役者は扇、玉城、南、朝比奈、千葉にやってもらおう」 

    玉城「よっしゃ!でも、人数少なすぎねーか?」 

    藤堂「蓬莱島の人達にエキストラを依頼するからその辺は大丈夫だ、何の役をするからは後々伝えよう」


    22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 19:03:01.30 ID:numtvd/T0

    ゼロ「藤堂、私は何をやったらいいのか伝えられてないのだが」 

    藤堂「ゼロには仮面ライダーとして出演してもらおうと思っている」 

    ゼロ「本当に!?俺がやっていいのか?」 

    藤堂「ゼロ、お前には深いライダー愛を感じたからな」 

    ゼロ「しかし藤堂、私は仮面を被ったまま出るのか?それは不自然だし、もし仮面を外せと言うのなら私は断るぞ」 

    藤堂「その点ならば問題無い、咲世子に変装用の日本人のマスクを作ってもらう、それを被って出るといい」 

    ゼロ「お前の配慮に感謝するぞ、藤堂」 

    カレン「あのー、藤堂さん…私まだ何も言われてないですけど…」 

    藤堂「心配するな、ちゃんと考えてある今はまだ待機だ」 

    カレン「…分かりました」 

    藤堂「スーツや怪人のデザインや設定、番組の構成、脚本、監督、全て俺に任してもらおう」 

    ゼロ(いける、いけるぞ!このメンバーに不可能は無い) 

    ジェレミア(私は何をしたらいいのだろうか…)


    25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 19:12:27.05 ID:numtvd/T0

    C.C「藤堂、私も何かしなくちゃいけないのか?」 

    藤堂「お前には主題歌を歌ってもらおうつもりだ」 

    C.C「歌を歌うのか…まぁいい、ピザ10枚で請け負うぞ」 

    ゼロ(図々し過ぎるぞ!C.C!) 

    C.C(私はC.Cだからな)


    26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 20:03:23.32 ID:numtvd/T0

    朝比奈「で、肝心の仮面ライダーの名前はどうするの?」 

    扇「やっぱり黒の騎士団だからブラックとかでいいんじゃないか?」 

    千葉「それはすでにいるぞ」 

    カレン「おのれゴルゴム!」 

    ディートハルト「ならばナイトなどはいかがですか?」 

    南「それもすでにいるんだな」 

    玉城「俺は普通に仮面ライダーゼロとかでいいと思うぜ」


    27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 20:10:21.38 ID:numtvd/T0

    藤堂「よし、ならばゼロに考えてもらうというのはどうだろうか?」 

    扇「確かに彼は黒の騎士団のリーダーだからな」 

    カレン「私もそれでいいと思います」 

    ゼロ「その大役任されたぞ!それではずっと前から考えていた名前を発表する!」シュバッ 

    ゼロ「私達の仮面ライダーの名は!」 

    ゼロ「仮面ライダー蜃気楼だ!」 

    一同「」 

    こうして黒の騎士団による番組「仮面ライダー蜃気楼(仮)」の作成が始まったのであった


    28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 20:22:23.13 ID:numtvd/T0

    数日後 エリア11総督府キャメロット専用研究室にて 

    ジノ「スザク!もうすぐ面白い番組がやるらしいぜ!」 

    スザク「ごめんジノ、僕にはテレビなんか見ている暇なんかないんだ」 

    ジノ「え〜!いいじゃん!そんな固いこと言うなって!」 

    スザク「ジノ、君はラウンズの仕事がまだ残ってるだろう?」 

    ジノ「そ、それは……」ギクッ 

    スザク「自分の仕事を終わらしてもいない人間にテレビを見るのは許されないと僕は思うよ」 

    スザク「それに僕だったらテレビを見ている暇があったら仕事を早く終わらせるな」 

    ジノ「」


    30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 20:55:31.10 ID:numtvd/T0

    セシル(うぜぇ) 

    アーニャ(うぜぇ) 

    ロイド「まぁまぁ、スザク君、息抜きも必要だよ?」 

    スザク「ですがロイドさん、ジノは息抜きが多すぎるんです」 

    ロイド「あは〜、人生そんなものでいーの、ヴァインベルグ卿が見たがっている番組に僕は興味があるな〜」 

    ジノ「仮面ライダーっていうですよ!ロイド博士!」 

    ロイド「仮面ライダーかぁ、これまた懐かしいものをねぇ」 

    スザク「子供のときに見ていたなぁ…」 

    セシル「私も子供時代に見ていたわよ」 

    スザク「それって何十年前ですか?」 

    セシル「お前ちょっと黙ってろ」 

    アーニャ「前に生徒会でそんな話した記憶がある」 

    ジノ「誰が?」 

    アーニャ「確か…ルルーシュ」 

    スザク「何っ?ルルーシュが?」 

    ロイド「でも、おかしいよねぇ、今でもケーブルテレビで再放送とは言え放送しているのに、何でまた新しいのを作るのかなぁ?」 

    ジノ「噂によるとBNチャンネルでやるそうです」 

    アーニャ「BNチャンネル?」 

    セシル「黒の騎士団がやっている放送のことよ」


    31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 21:00:06.65 ID:numtvd/T0

    ジノ「番組表によるとそろそろ始まりますよ」 

    ロイド「じゃあ、皆で見てみよっかぁ」 

    アーニャ「期待」 

    セシル「次の主役俳優は誰かしら…」 

    スザク「ジノ、仕事は?」 

    ジノ「お、始まったみたいですよ」 

    スザク「本当にやらなくていいの?後で後悔するよ?」


    32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 21:35:19.22 ID:numtvd/T0

    番組side 

    ナレーター「ここは日本で一番科学が発達している街 蓬莱市 そんな蓬莱市を狙う怪しい動きがあった…」 

    謎の影1「ククク、ここが科学の街 蓬莱市か」 

    謎の影2「逆に言うとこの蓬莱市を落とせば日本の科学技術を掌握したに等しいということだな」 

    謎の影3「では行くぞ我が悪の組織デスオウギ!」 

    C.Cの声(op)「じぶんをーせかいさーえもかえーてしまえそなー」 

    タイトル『仮面ライダー蜃気楼』


    33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 21:39:45.28 ID:numtvd/T0

    視聴者side(キャメロット) 

    スザク「ダサいタイトルですね」 

    ロイド「んっ?って思わせるようなタイトルにするのもある意味仮面ライダーの王道だよ」 

    ジノ「あっ、街がデスオウギに攻撃され始めた」 

    アーニャ「どうなるんだろう…」


    35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 21:52:39.46 ID:numtvd/T0

    番組side 

    キャー キャー タスケテー 

    怪物「いいぞもっとやれ!デスオウギ戦闘員達よ!オウギ首領への忠義を見せるのだ!」 

    謎の男「俺も助太刀するぜぇ!オレンジ男!」 

    オレンジ男「タマーキ、この場は私一人で充分だ」 

    タマーキ「ちっ、分かったよ!しくじんじゃねぇよ!」タッタッタ 

    オレンジ男「邪魔者は消えたか…よしっ、まずは辺りの人間を手当たり次第殺すぞ!」 

    戦闘員達「オウギー!」 

    エキストラ「やめてくれぇ!」 

    オレンジ男「まずは一人、死ねぇ!」 

    ?「やめなさい!」ブーン キキッ 

    オレンジ男「トラック?何だお前は?」 

    ?「私はラクシャータ研究所職員千葉よ!あなた達の蛮行を止めに来たわ!」 

    オレンジ男「お前一人でか?」 

    千葉「いいえ、彼がいるわ!」ポチッ


    36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 22:15:26.58 ID:numtvd/T0

    千葉がボタンを押すとトラックの荷台が四方に分かれ始めた。すると中から黒と黄色のカラーリングのスーツを着た男が現れた。 

    オレンジ男「お、お前は何者だ!」 

    ?「俺の名前は…」 

    ?「仮面ライダー蜃気楼だ!」 

    オレンジ男「えぇい!誰であろうと構わない!我がオレンジの餌食にしてくれる!」 

    蜃気楼「させるものか!」ドゴッ 

    オレンジ男「グハッ」 

    オレンジ男(この男…強い!ならば…)チラッ 

    戦闘員「オーギ!」銃を構える 

    オレンジ男「撃てぇ!」 

    千葉「蜃気楼!ベルトのボタンを押して!」 

    蜃気楼「分かった!」ポチッ 

    電子音声「ゼッターイシュゴリョーイキ!」 

    オレンジ男「何っ!バリアだと!?」 

    蜃気楼「このまま決めてやる」ポチッ 

    電子音声「ハドロンセェェット!」 

    蜃気楼「食らえ!ハドロンライダーキック!」 

    オレンジ男「ぐわぁぁぁぁぁぁ!忠義がぁぁぁぁぁ!」ドカーン 

    戦闘員「オーギ!」ドカーン


    37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 22:44:11.26 ID:numtvd/T0

    千葉「よくやったわ、蜃気楼!」 

    蜃気楼「千葉さん、この仮面外していいですか?」 

    千葉「ええ、いいわよ」 

    蜃気楼「ふぅ〜、暑いんですよこれ」ガポッ 

    ?「どうにかなりませんかね?千葉さん」 

    視聴者side(斑鳩) 

    玉城「いや、誰だよ!」 

    藤堂「あれは咲世子製のマスクを被ったゼロだ」 

    カレン(確かにルルーシュとは全然似てないわね) 

    番組side 

    ナレーター「こうして蓬莱市の平和は一人のヒーローに助けられたのであった」 

    お・わ・り


    38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 22:52:52.78 ID:numtvd/T0

    視聴者side(キャメロット) 

    セシル「……あのオレンジ男ってどう見たってジェレミア卿ですよね」 

    ジノ「まぁ、何にしたって面白かったしいいじゃないですか!」 

    アーニャ「これは記憶」 

    スザク(あの仮面ライダーの名前…どこかで聞いたことがあるぞ) 

    ロイド「いやー、面白かったね〜、僕も作りたくなってきたよ〜」 

    セシル「ロ、ロイドさんもしかして……」 

    ロイド「うん!僕もランスロットをモチーフにした仮面ライダーを作ろうと思うよぉ!」 

    セシル「止めたって無駄ですよね……」 

    ロイド「スザク君、君にはまたデバイサーになってもらうよぉ」 

    スザク「い、イエス!マイロード!」


    40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 22:58:58.08 ID:numtvd/T0

    翌日 斑鳩艦内にて 

    ゼロ「藤堂、お前のおかげで仮面ライダーをもう一度世に広める事が出来た、礼を言うぞ」 

    藤堂「ゼロ、それはお互い様だ」 

    ジェレミア「た、大変です!ブリタニアも仮面ライダーを作ってきました!」 

    ゼロ「何だとッ!」 

    玉城「ブリタニアぜってぇ許せねぇ!」 

    ディートハルト「それについては私からもお話が」 

    ゼロ「何だ?ディートハルト」 

    ディートハルト「どうやら中華連邦が仮面騎士神虎なるものを放送し始めたそうです」


    41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 23:17:08.14 ID:numtvd/T0

    こうしてゼロ達はブリタニアの仮面ライダーランスロットや中華連邦の仮面騎士神虎との死闘を経た結果仮面ライダーを世界的に有名にする事が出来たのであった…… 

    fin

    元スレ:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437312716/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:04:30.748 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「オリオン座のしたで~」 

    C.C.(聞き違いか…?今、「セックス」って…) 

    ルルーシュ「…セックス」 

    C.C.「!?」ガタッ


    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:06:29.447 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「Ah...したいよセックス」 

    C.C.(聞き違いじゃ…ない。確かに王の力は人を孤独にすると言ったが…ここまでとは…) 

    ルルーシュ「オリオン座の下で~……セックス」 

    C.C.(なんなんだ一体!何故そこまでオリオン座に拘る!!)


    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:07:29.691 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「したっ…いよっ…性・交・渉」 

    C.C.(………このフレーズ可愛い) 

    ルルーシュ「オリオン座の下で~」 

    C.C.(……だからなんなんだ…。オリオン座ですることになんの意味がある!?)


    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:08:29.672 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「Ah...Ah...したいよセックス 
    オリオン座の下で~…」 

    C.C.「ル、ルルーシュ…?」 

    ルルーシュ「………なんだ?」 

    C.C.「き、きっとお前は疲れてるんだ!」 

    ルルーシュ「………そう、見えるか?」


    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:10:35.908 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「さ、最近色々あったからな…ほ、ほら!少しテレビでも観て気分転換をしたらどうだ?」ピッ 

    アナウンサー「…続きまして、神聖ブリタニア帝国第98代皇帝陛下の演説です」 

    C.C.「!」 
    (しめた!皇帝の演説を聞けばルルーシュも正気に戻る筈!!) 



    シャルル「人はァ………セックスの豚である」 



    C.C.「!?」


    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:12:03.908 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「ッ!?」ガタッ 

    C.C.(しまった!?くっ…この親にしてこの子ありか…) 

    シャルル「生まれつき足の速い者ォ…美しい者ォ…親が貧しい者ォ…病弱な体を持つ者ォ…生まれも育ちも才能も全てが違っていたとしてもォ!人間は皆ァ…!セックスの…豚ァなのだ」 

    C.C.(なにを…言っているんだ…?)


    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:13:01.446 ID:Yhv+wAAF0.net

    シャルル「人はァ本能に基づきィ…身体を求め合いィ…互いに刺激し合うゥ…その為にィ!…『チンポ』がァ…あるのだ」 

    C.C.「…意味がわからない…。すまなかった…もう、観るのを止めようルルーs」 

    ルルーシュ「黙れェ!!C.C.!!!!」 

    C.C.「」


    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:13:57.298 ID:Yhv+wAAF0.net

    シャルル「…権利を平等にしたEEUはどうだァ?…馬ァと、セックスをしておる。富を平等にした中華連邦はァ…犬と、セックスしてばかりだァ…」 

    ルルーシュ「…馬…犬…カレン…豚…犬…カレン…馬…」ブツブツブツブツ 

    C.C.「待てルルーシュ!?変なのが混じってるぞ!?」 

    ルルーシュ「ええい!黙れぇい!!!!」


    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:15:36.064 ID:Yhv+wAAF0.net

    シャルル「だがァ…我がブリタニアはそうではない。人間を相手にぶち込みィ!腰ィを動かし続けェ…!常に『チィンポ』をォ使っておる。 
    性交するのだ! ぶち込み、腰を振り続け、快感が脳を支配する…その果てに、未来がァある!! オール・ハイル・ブリタァニア!!!」 

    ルルーシュ「オールハイルブリタニア!オールハイルブリタニア!オールハイルブリタニア!オールハイルブリタニア!オールハイルブリタニア!」 

    C.C.「ルルーシュ!?正気に戻れ!!」


    15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:17:02.247 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「!?……俺は…一体…?」 

    C.C.「……とにかく、お前がセックスしたいことはわかった」 

    ルルーシュ「……俺は…俺は……」 

    C.C「…お前さえ、良ければ……私が…相手をしt」 

    ルルーシュ「本当か!?」


    16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:18:02.181 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「……私達は共犯者だと、そう言っただろう?だから…私は…」 

    ルルーシュ「………今しよう?」 

    C.C.「え?」 

    ルルーシュ「明日でも明後日でもない!!今が良いんだ!!」 

    C.C.「だ、だが、まだ日も暮れてないし…」 

    ルルーシュ「今じゃなきゃ駄目なんだ!!!」


    17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:19:06.631 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「わ、わかった!わかったから!!」 

    ルルーシュ「ではさっそく…」 

    C.C.「ふ…これだから童貞坊やは…。まずはシャワーん浴びてからだ」 

    ルルーシュ「……ふん。そんなことは百も承知だ。…俺は寝室に居る。早く済ませて来い」 

    バタン 

    C.C.(お前は浴びないのか…?)


    19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:20:06.377 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「だが…しかし…ルルーシュめ…やっと本性を晒したな?…ふふ…さて、念入りに身体を洗うとしようか」 

    ガシャン 

    C.C.「誰だッ!?」 



    カレン「話しは聞かせて貰ったわ」


    20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:21:14.436 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「カレンか。盗み聞きだけでは飽き足らず、窓を割って侵入とは野蛮だな」 

    カレン「黙りなさい!この任務、あたしが預かるわ」 

    C.C.「ふ…いきなりしゃしゃり出てきた分際で何を言うかと思えば…泥棒猫にでもなったつもりか?」 

    カレン「ど、泥棒猫はどっちよ!?あたしはルルーシュに「慰めろ」と頼まれたことだってあるのよ!?」


    21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:22:07.486 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「だがその時お前は奴に手厳しい言葉を投げつけ、頬を張ったと聞いているが?」 

    カレン「あ、あの時はそれがゼロの…ルルーシュの為だって思ったから…」 

    C.C.「ルルーシュの為か…自惚れるな。あいつがこうなってしまったのは…お前のその自惚れた言動が招いた結果かも知れないぞ?」 

    カレン「……わかってるわよ!だから、私が責任を取るって言ってるんでしょ!!」


    22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:23:08.613 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「責任を取るか…しかし、お前ごときの手に負えるかな?」 

    カレン「……?…どういう意味?」 

    C.C.「極限まで昂ったあいつの欲望を受け止めきれるのかと聞いている」 

    カレン「あ、あたしだって…それなりに色々知識は…」 

    C.C.「知識…?ふ…これだから処女は」


    23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:24:03.806 ID:Yhv+wAAF0.net

    カレン「な、なによ!?ルルーシュだって童貞なんだし…あたしが処女だって相手に不足は…」 

    C.C.「では、テストをしようか?」 

    カレン「……テスト?」 

    C.C.「これから私がお前に実践から得たテクニックや男の生態を聞かせてやる。それに耐えられたら合格だ」 

    カレン「な、なによそのくらい!余裕で耐えきってみせるわ!」


    26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:25:13.819 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「では始めるぞ」 

    カレン(大丈夫。私だって少しくらい知識は…) 

    C.C「…ルルーシュの…を、…して、…しながら、お前は…で…満遍なく…たまに…を…口で…を…忘れずに…を上下に…」 

    カレン「待って!?」 

    C.C.「どうした?もうギブアップか?」 

    カレン「そ、そんなことないわよ…つ、続けなさいよ!」 
    (話しが半分もわからない!何がどうなってるの…?)


    27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:26:38.166 ID:Yhv+wAAF0.net

    C.C.「……ルルーシュが…なって…きたら、お前の…で、こう…して…おもむろに…で挟んで、また…して、タイミング良く…した後、いよいよ…が…お前の…が、こんなで…こんなになってんじゃないか!…そして…を、めくって…」 

    カレン「」 

    C.C.「…ちゃんと…を…にしてて…最初は…それから…をだんだん…後は…に、ルルーシュの…を…押し付けて…声を…から不規則に………ん?……カレン、聞いているか?」 

    カレン「」 

    C.C.「気を失ったか…。ふん…他愛もない」


    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:27:45.045 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュの寝室 

    ルルーシュ「…遅い…遅い…遅い…遅い!」 

    ルルーシュ(C.C.の奴…いつまで待たせるんだ…くっ…もう我慢ができん…!) 

    ルルーシュ「……そうだ!シャーリーに電話をして来て貰えば…」ピッ 



    『……お掛けになった電話番号は現在使われておりません…』 





    ルルーシュ「……あいつは死んだのだったな」


    29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:28:44.372 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ(クソッ…どうする…?もう我慢できん!この際だから誰でも良い…それこそ、豚でも…犬でも…馬でも…ん?…豚…犬…馬…カレン…?) 

    ルルーシュ「そうだ!カレンに電話を…」ピッ 

    『…プルルルルルルル…プルルルルルルル…プルルルルルルル…』 

    ルルーシュ(どうした!?早く出ろ!!) 

    『…プルルルルルルル…ガチャ』 

    ルルーシュ「カレンッ!?俺だ!至急俺の寝室まで来てくれ!!」 




    C.C.「……余りに節操がなさ過ぎるのではないか?ルルーシュ」


    30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:29:59.337 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「C.C.!?なんでお前が…カレンはどうした!?」 

    C.C.「……ぐっすり寝っているよ」 

    ルルーシュ「どういうことだ!?」 

    C.C.「とにかく、これからシャワーを浴びて行くから大人しく待ってろ」ガチャ 

    ルルーシュ「おい!C.C.!?C.C!!」 




    ルルーシュ(これからシャワー…だと?)


    31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:31:01.655 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「そんなの待てるわけない…今じゃないと…今セックスしないと駄目なんだ!!」 

    ルルーシュ(…どうする?頼みの綱のカレンも葬られた今、残っているのは…) 


    ルルーシュ「………もう…ナナリーに頼むしか…」 


    ガシャン 


    ルルーシュ「ッ!?誰だ!!」 




    スザク「話しは聞かせて貰ったよ…ルルーシュ」


    33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:32:02.210 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「スザク貴様!?」 

    スザク「窓を割ってしまってすまない。だけど、どうしても聞き捨てならなくてね…。僕の脱童貞を邪魔した君が…ナナリーを使ってでも童貞を捨てようなんて…!」 

    ルルーシュ「俺がお前の邪魔を…?おいおいスザク…何かの間違いじゃないのか?」 

    スザク「黙れ!!…あとちょっとだったんだ…。あとちょっとでユフィとヤれそうだったのに…君が!!」


    37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:33:10.456 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「ユフィと…だと…?スザク!お前は騎士だろう!?」 

    スザク「騎士だって…!セックスしたいんだ!!」 

    ルルーシュ「スザク…お前…」 

    ガシャン 

    ルルーシュ「また窓を割って…!ええい!今度は誰だ!?」 



    オナニーナ「私よルルーシュ」


    38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:34:15.618 ID:Yhv+wAAF0.net

    スザク「…ニーナ?どうして君が…?」 

    オナニーナ「話しかけないで!汚らわしい!!騎士の癖にユーフェミア様の純潔を狙っていたなんて…最低よ!!」 

    スザク「……君だって、ユフィの名を呼びながら角オナに耽っていた癖に!!」 

    角ニーナ「うるさい!うるさい!うるさい!」 

    スザク「誰もあんなシーン望んじゃいなかった!!…あんなもの見せられて…一体誰が得をするんだ!?」


    39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:35:06.738 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ(事態がおかしな方向に進んでしまったな…しかし、これは好都合!この隙に…) 

    スザク「…ッ!?ルルーシュ!どこに行くんだ!?」 

    ルルーシュ「チッ…」 
    (気づかれたか…だが…!) 

    角ニーナ「枢木スザク!!私はあなたを許さない!!」 

    スザク「ニーナ!?」


    41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:36:03.609 ID:Yhv+wAAF0.net

    角ニーナ「あなたを殺して私も死ぬ!!」 

    スザク「僕は…生きる!!」キュイーン 

    ルルーシュ「しまった!以前奴にかけたギアスが!?」 

    スザク「ニーナ…ごめん。少し寝てて」ドゴォ 

    角ニーナ「ぐっ…ユー、フェミア…様…」ドサッ


    43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:37:22.523 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「くっ…時間稼ぎにもならんか」 

    スザク「…ルルーシュ…覚悟を決めて裁きを受けろ。君さえ居なければユフィは僕だけの肉便器に!!!」 

    ルルーシュ「ふん…言葉が過ぎるぞスザク!!」 

    ガシャン 


    コーネリア「話しは聞かせて貰ったぞ…枢木スザク!!」 


    スザク「コーネリア様!?どうしてあなたがここに!?」 

    ルルーシュ(…計画通り)


    45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:38:39.211 ID:Yhv+wAAF0.net

    コーネリア「…どうしてか。…私にもわからん。だが囁くのだよ…私のゴーストが」 

    スザク(ゴースト…?何を言ってるんだ…??) 

    ルルーシュ(今のうちに…) 

    スザク「待て!?ルルーシュ!!」 

    コーネリア「待つのは貴様だ枢木スザク。貴様…騎士の分際で我が亡き妹をに、に、ににに肉便器などと…よ、よよよくも、言えたものだななな」プルプルプルプル


    46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:40:33.011 ID:Yhv+wAAF0.net

    スザク「違うんです!あれは言葉の綾で!」 

    コーネリア「黙れ!!黙って死ねェ!!」ブンッ 

    スザク「生きる!!」キュイーン 

    コーネリア「あの体勢から避けただと!?逃がすかァ!!」 



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 




    ルルーシュ「ふぅ…。どうやら撒いたようだな…。目指すは…ナナリーの部屋だ!!」


    47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:41:25.586 ID:Yhv+wAAF0.net

    ナナリーの部屋 

    …コンコン 

    ルルーシュ「ナナリー?入って良いかな?」 

    ナナリー「お兄様…?…どうぞ」 

    ガチャ 

    ルルーシュ「…突然すまない。折り入って頼みがあるんだが…」 

    ナナリー「……なんでも仰って下さい。…ところでお兄様…この間私が貸したCDは聴いて頂けましたか?」


    48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:42:15.517 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「あぁ。…とても素晴らしかったよ。特に『オリオン座のしたで』というフレーズが心に沁みた…あの曲のおかげで自分が一体何を望んでいるのかがわかった気がする…」 

    ナナリー「……気に入って貰えて良かった…。それでお兄様は何を望んでいらっしゃるのですか?」 

    ルルーシュ「俺は…ナナリーと…」 


    ガシャン 


    ルルーシュ「ええい!何枚窓を割るつもりだ!?今度は誰だ!!」 



    ロロ雑巾「……僕だよ兄さん」


    49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:43:49.308 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「……ロロ?…そんな…お前は死んだ筈じゃ…」 

    ロロ雑巾「兄さんが実の妹に誑かされてるなんて知っちゃったら、死んでも死に切れないよ…」 

    ナナリー「ッ!?誑かすなんて…失礼な!!…偽物の癖によくも邪魔を…!」 

    ロロ雑巾「……あんなCDを渡して兄さんを洗脳するなんて…それが本物の妹がすることかい?」


    50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:44:45.895 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ(何がどうなってる!?俺はただセックスがしたいだけなのに!?) 

    ロロ雑巾「……恐らくあと一回ギアスを発動させれば僕は死ぬだろう…でも、例え刺し違えてでも…ナナリー…君を!」ギリッ 

    ナナリー「最後に勝つのは私ですわ!ずっと!ずっとずっと!お兄様と一緒だった私が負ける筈ないのです!!」


    51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:46:07.305 ID:Yhv+wAAF0.net

    ガシャン ガシャン 

    スザク「見つけたぞ!ルルーシュ!!!」 

    コーネリア「逃がすか枢木スザク!!!」 


    ルルーシュ「お前らまで…もう割れる窓がないんだが……」 
    (…もう嫌だ…!!あと少し…あと一歩のところなのに…どうして…!) 


    ロロ雑巾「ナナリー覚悟!!」キュイーン 

    ナナリー「消えて!偽物!!」 



    ルルーシュ「……共犯者なんだろ?…俺を…俺を助けろ!!C.C.!!!」 



    ガッシャーン!!


    54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:47:23.184 ID:Yhv+wAAF0.net

    ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ 

    コーネリア「ぐっ…ッ…ナ、ナイトメアフレームだと!?…ぐわぁ!?」 

    スザク「…僕は…生きる!!」キュイーン 

    ナナリー「お兄様!?…ぐっ…」 

    ロロ雑巾「兄さん!僕に捕まって!!」 

    ルルーシュ「…ッ…あ、あれは『蜃気楼』…?な、何がどうなって…」


    55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:48:38.657 ID:Yhv+wAAF0.net

    ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ… 

    ロロ雑巾「…兄さん?…兄さん無事?」 

    ルルーシュ「…あぁ。おかげで助かった。ほかの奴らも気を失っているだけのようだ…ん?」 


    スザク「…生きる!…生きる!…生きる!」ジタバタ 


    ルルーシュ「…………あいつはゴキブリか。…だが、足を瓦礫に挟まれてはもう追ってはこれまい」 

    ロロ雑巾「……良かった。兄さんが無事で…兄さんの役に立てて…本当に…良かった…」ガクッ


    56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:49:58.160 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「……助かったよロロ…ありがとう。……さて、説明して貰おうか…C.C.!!」 

    C.C.「ふ…気づいていたか…蜃気楼のパイロットが私だと」 

    ルルーシュ「ずいぶん手荒な真似をしてくれたな。おかげで寝室がめちゃくちゃだ!!」 

    C.C.「だが助かっただろう?シャワーを浴びている最中に何枚も窓ガラスが割れる音を聞いたので、もしやと思いこの機体を持ち出して来て正解だったな」


    57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:51:00.583 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「ふざけるな!おかげで死ぬところだ!!」 

    C.C.「……そこのロロ雑巾がお前のことを守るだろうと踏んでの突入だ。もっとも…待ってろと言ったのに待たず、実の妹の部屋に赴き、行為に及ぼうとしたお前に対して殺意が無かったと言えば嘘になってしまうがな」 


    ルルーシュ「……魔女め」ギリッ 



    C.C.「褒め言葉として受け取っておこう。…ほら、さっさと乗れ」


    58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:53:25.884 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「ナイトメアの中でとは…考えたな」 

    C.C.「ここならば誰にも邪魔はされないだろう。それに…この機体は二人乗りだしな…。それにコクピットからなら…お前のご希望通りオリオン座が綺麗に見える」 

    ルルーシュ「……お前は最高の共犯者だ」 

    C.C.「………現金な奴め」


    59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:55:04.060 ID:Yhv+wAAF0.net

    ルルーシュ「では、さっそく…」 

    C.C.「はぁ…これだから童貞坊やは…」 

    ルルーシュ「……なんだと?」 

    C.C.「最初から入れようなんてする馬鹿は初めて見たぞ…まずは、こうやって手で…」サワッ 



    ルルーシュ「あっ」ビュクッビュクッビュクッ 



    C.C.「え?」 



    ルルーシュ「え?」


    60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 00:56:30.563 ID:Yhv+wAAF0.net

    とある神殿にて 



    シャルル「ドォワッハハハハハハハハ!!! あやつ、やりおったかァ!!!!!」 




    FIN


    64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/03(木) 01:20:26.188 ID:4LAQerdG0.net

    映画はこれをやるべきだったな

    元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1449068670/

    このページのトップヘ